読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

自分のためにケーキを買うのも良いものだ。

先日、ふと「もうケーキでも食べなきゃやってられない」みたいな気持ちになって、お誕生日でもくクリスマスでもないのに自分のためにケーキを買った。

ここ数日はなんだか気持ちが晴れなかった。実家の犬が死んでしまったこともあるけど、仕事が忙しくて気持ちに余裕がなかったのだ。特に何か大きな問題があった訳じゃないのだけど、地味にストレスが溜まっていた。

コロナ前は「なんだか気持ちが晴れないなぁ」と思ったら、パートが休みの平日に1人でちょこっと出掛けたりしていてた。映画を観ることもあれば、なんとなくウィンドウショッピングだけをして帰ることもあった。

だけどコロナ以降、用事以外でどこにも行っていない。神経質過ぎだと言われようがなんだろうが、今のところ映画にも外食にも行くつもりはない。

そして、ふと思い立ったのだ。「そうだケーキを買おう」と。

お洒落なカフェでケーキと紅茶が無理なら家で食べればいいじゃない…って発想。プライベートでお金を使うことがないのだし、たまに贅沢をしても良いかな…と。

そう言えば娘が生まれる前は「仕事帰りにケーキを買って帰る」ということをしていたけれど、娘が生まれてからは1度もそんな機会がなかった。

ケーキと言えばお誕生日かクリスマス。そして娘が小さい頃はなんだかんだと家でお菓子を作っていたので、ケーキ屋さんでケーキを買う必要がなかったのだ。

パート帰りにケーキ屋に寄り、ショートケーキを3個買って帰った。

3個のショートケーキ

3個のショートケーキ

たまたまその日は娘の塾がない日だったので、夕食後に紅茶をいれて家族でケーキを食べた。ケーキは思っていた以上に美味しかったし、満足感が高かった。ちなみに夫と娘が喜んだのは言うまでもない。

苺タルト

苺タルト

私。自分でも気が付かないうちにストレスを溜め込んでいたのかも知れない。

仕事の愚痴は夫に聞いてもらっているし、週町はあちこちウォーキングに出掛けたりしているし、テイクアウトを利用して美味しいものを食べたりもしているけれど、それだけでは足りなかったのもか知れないなぁ。

ケーキ屋さんのケーキってお安いものではないけれど、私もフルタイムではないけれど働いている訳だし、たまにケーキを買ったところでバチは当たらないだろう。

これからは「もう無理」って思ったら仕事帰りにケーキを買って帰ろうと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました