読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

無職生活。毎日が楽し過ぎてちょっと困る。

記事内に広告が含まれています。

パートを辞め、無職になって半月が過ぎた。

前の職場は色々と愛想が尽きるようなことが多過ぎて一刻も早く辞めたかったのだけど、無職になったらなったで「中年こじらせてメンタル病むんじゃないかな?」と心配で仕方がなかなった。

なので無職になる前に「無職の間にやっておきたい事」を整理したのだけど、下3つを除いて早くもやり切ってしまった。

  • 新しい職場ではく靴を買う→達成!
  • モディリアーニ展に行く→達成!
  • トイレのセルフリフォームをする→達成!
  • 書類&ファイル整理→達成!
  • 宝塚歌劇に行く→達成!
  • F(親友)とランチに行く→未達成だけど予約済
  • 1人カラオケ。
  • 寺社巡り。
  • プロテイン飲み切る。

なんだか勢い良く予定をこなし過ぎているので「もう少し自宅のDIYを進めてみるかな」と、予定外に玄関先とか、台所の壁のペンキ塗りまでした。

家にいる時はアマゾンオーディブルで耳で本を聞き、本に疲れたらSpotifyで音楽聞く。お風呂はお風呂スピーカーを持ち込んで、音楽を聞きながらゆっくり湯船に浸かる。

……控えめに言って楽し過ぎる。

人間は楽に流される生き物なのだな。心配しなくても、ちゃんと順応出来るし、それなりに慣れていくものらしい。

毎日楽しく過ごせているのは本当にありがたい事なのだけど「私…こんなに無職を楽しんでいて7月からちゃんと働けるのだろうか?」と不安になっている。

「やれる時にやっておかなきや」みたいな気持ちが強過ぎて、予定していたことを一気に進めてしまったので、慌ただしてくて「暇」を実感する隙がなかったから…ってところもあるとは思うのだけど。

もう少しゆっくり過ごしたら良いのだろうけど、これもまた自分の性分なのだろうなぁ。

こんなに楽しく過ごしていたら仕事モードに切り替えてるのは大変だと思うけど、たぶんそれもその時が来ればどうにでもなる気がする。

まずは今の生活を存分に楽しんでいきたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で