読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

介護職にもワクチン接種を!

記事内に広告が含まれています。

私が暮らしている地域は老人介護施設がやたら多い。

大阪は今やコロナの激アツ地域。控えめに言ってヤバイ訳だけど、最近老人施設での感染が目立つようになってきた。

ニュース等でご存知の通り、いまの大阪はコロナに感染しても、おいそれとは入院させてもらえない状況になっている。老人介護施設で暮らす老人がコロナ感染しても「施設で待機」ってことになっている。

「ベッドが空くまで待機しててね」と言われても、感染者の世話をするのは介護施設の職員なのだ。同居家族ならリスクがあっても看病するしかない訳だけど、介護施設のスタッフは身内でもなんでもない人の看病をしなきゃいけない状況に陥っている。

そうは言っても、それが仕事だから仕方ないでしょ?

…と言うのは簡単だけど、介護施設の職員は看護師ほどの賃金を貰っていない。ざっくり言うと「最低賃金+α」って感じ。その賃金で「コロナ感染者の看護をしろ」というのはあまりにも酷い。

さて。話を元に戻すけれど、私が暮らしている地域の主婦の場合、子育てが落ち着いて再就職先として圧倒的に多いのがスーパーのレジでその次に多いが介護職。介護職の場合、職場には困らないし資格を取ればレジよりも少し時給が良くなる。

なので私の周囲には介護の仕事をしている人が多いのだけど、話を聞いていると本当に酷い。「パート母が感染して家族全員感染」みたいな例は珍しくない。

いま大阪では大阪市だけでなく介護施設の多い地域でコロナ感染者数が激増している。人口比を考えるとギョッとする数値だ。

医師や看護師はワクチンを優先的に接種できるけれど、介護職はワクチン接種の最優先枠に入っていない。(一応、一般の人より早くはできることになっている程度)

介護職の人達にもワクチン接種を優先的に行った方が良いのではないだろうか?

私のパート先である放課後等デイサービスは施設の規模が小さいけれど、特別養護老人ホームだの介護付き老人ホーム等の規模が大きい施設で働く人はストレスが多いとお察しする。利用者にコロナ感染者が出たら最悪、看取りまでしなければならない訳で…。

ワクチン接種が行き渡ったら落ち着いてくると思うのだけど、それにしても先が長い。

最近「コロナ関係の愚痴ばかり書いているのはどうなんだ?」と思うのだけど、私は書いて発散していくタイプなのでこれからもこのスタンスが続く気がする…たぶん。知らんけど。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で