読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

違うんだ…買い占めじゃないんだ。

コロナの流行がはじまってから我が家の食費が右肩上がり。

学校が休校中なので、娘が家にいる分、昼食代やおやつ代が掛かってくるのは想定内だったけど、夫の昼食も用意することになったので、買い物量が半端ない。

緊急事態宣言が出されたため、テレワーク等をはじめる企業が多いのだけど、夫は社内システムを担当しているため、テレワークに慣れない人をサポートする必要があり、それまでと変わらず出社している。

緊急事態宣言が出るまでは、お弁当を作る日もあったけれど、夫の希望もあって外食する日を設定していたけど「コロナ対策で外食を控えたい」「そもそも忙し過ぎるので食べに行く余裕が無い」と言うことで、基本的にお弁当を持って行ってもらうことになった。

……という事で、平日も土日も家族3人、バッチリ家でご飯を食べるので、食費が増えるのは当然なのだ。

食費が増えると同時に、買い物量も激増した。

今まで、買い物は「今日はここのスーパーが特売」とか「火曜日はこっちのスーパーが牛乳安い日」みたいな感じで、あちこちのスーパーで少しずつ買う方式で回していたけど、緊急事態宣言以降はどこのスーパーも大混雑。

少しでも混雑を避けたいので、1回に買う量がとんでもないことになっている。毎回「ちょ…どんだけ家族多いんだよ?」くらいの買い物量で一見すると買い占め主婦にしか見えないと思う。

昨今は何でもかんでも買い占めする人が多いと報道されているけれど、案外私のような人も多い気がする。

それにしても我が家は3人家族で、子どもは女の子。私も娘も食べることは大好きだけど、身体が小さいので食べる量はそれほど多くない。我が家でさえこの買い物量なのだから、家族が多かったり、食べ盛りの男の子を抱えている家の主婦の買い物量を思うと、涙を禁じえない。

料理作るのは好きだけど、材料調達するのが嫌になってしまう。

さらに言うなら、無塩バターが手に入らない問題も深刻になってきた。毎朝、ホームベーカリーでパンを焼いている我が家にとって、無塩バターは必需品。

ストックが底をつく前に、無塩バターをゲット出来ると良いのだけれど、買えないのであれば、バターを使わずに美味しく焼けるレシピを検討する必要がある。

1日でも早くコロナが収束して、当たり前の日々を満喫したい。ご飯を作るのも食料を調達するのもくたびれる。とりあえずコロナが収束したら家族で鳥貴族に行く。

待ってろよ、鳥貴族!

タイトルとURLをコピーしました