読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

昔懐かし睡眠学習。

保育士試験の勉強に四苦八苦している。

保育士試験にチャレンジすると決意して年明けから勉強をスタートしたのだけれど、思うようには進んでいない。

朝5時に起きて朝食準備をスタートするまで1時間勉強するのと、家事等の合間にちょこちょこ進めている。勉強をはじめた頃のことを思えば、過去問題の点数は伸びてきているものの、合格ラインは果てしなく遠い。

「もっと効率よく勉強しないとヤバイ…」

危機感を覚えた私はユーチューブで保育士試験対策動画を家事や移動時間の合間に聞き流すことにした。

昨今はユーチューバーがしのぎを削って動画をアップしてくれるので、保育士試験対策に役立つ動画を探するのは簡単だった。聞き流しを思いついた時は「隙間時間と言っても、この調子で頑張ればかなりの勉強時間が確保出来る」と思っていた。

しかし…実際にやってみると、たかが「聞き流し」と言っても集中力が必要で、他の用事をしながら聞き流して覚えようとすると、集中力が続くのはせいぜい30分。闇雲に長く聞いてみたところで、内容が頭に入ってこなくなるのだ。

勉強に近道なんて無いのだなぁ…と半ば絶望しながら、ふとあることを思い出してしまった。子どもの頃、雑誌の裏表紙で見た「睡眠学習」のことを。

私が子どもの頃の漫画雑誌には、男女とも愚にもつかない怪しげな商品の広告がワンサカ挟まっていた。例えば……

  • 不思議なパワーを秘めたブレスレット
  • 武道系の通信教育
  • 背が伸びる器具
  • アイプチ(簡易二重まぶた)
  • ダイエット食品
  • 占い電話(ダイヤルQ2)
  • 睡眠学習

愚にもつかない怪しげな商品の中でも、睡眠学習はひときわ輝いてた。

何しろ「寝ているだけで成績が上がる」だなんて、こんなに嬉しいことはない。「これは試してみたい」と思ったキッズは多かったと思うのだけど、実際にどのくらいの人達が試したのだろうなぁ?

まぁ…だけどアレだ。起きている状態の聞き流しでも30分もすれば頭に入ってこなくなるのだ。寝ている状態で頭に入ってくるとはとても思えない。「聞く」と言う意思のない状態で聞いた言葉は雑音でしかない。

保育士試験の勉強にユーチューブの活用を思いついた時は「コレって上手く使えば最強じゃね? 家事してる時間と移動中ずっと聞く!」と思っていたけど、最強でもなんでも無かったでござる。

勉強に近道なんて存在しないのだ。諦めて地道に頑張ろうと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました