読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

私達の関係はどうなってしまうのだろう?

今日はこの日記には何度となく登場しているクレーマーの隣家の話など。

隣家のことは何度も日記に書いているので「またか」と思われる方もおられるとは思うのだけど、ざっくりと復習。

1番下の項目については知らない人が読んだら「それって思い過ごしじゃないの?むしろ、そんなことを気にしているあなたの方がヤバイ人なのでは?」と言われそうだけど、決して思い過ごしではない。

何しろ事情を知らない小学生の娘が「お隣はいつも私が体操から帰ってくるときに雨戸閉締めるよね!これって凄い偶然たね」と言い出すくらいに、我が家の動向を見守ってくれている。

娘は昨年、打ち込んでいた体操を辞めて、塾に通うようになったのだけど、娘が塾に通うようになったとたん、やっぱり私達の帰宅時間に合わせて雨戸を締めている。

だけど…私にはちょっと心配なことがあるのだ。

娘は春から中学生。中学生になると塾の時間がグッと遅くるのだ。体操や塾は遅いと言っても知れた時間だったけれど、中学生の塾となると帰宅するのが22時頃になってしまう。

隣家は女性2人で暮らしていたけれど、昨年母親の方が亡くなったので現在は女性の1人暮らし。防犯的な観点を考えると雨戸を締めるなら早い時間の方が良いと思われる。

長らく続いた隣家と私達家族の関係……観察する者と観察される者の関係は、もしかしたらこの春終わってしまうのかも知れない。

「今まで我が家を見守ってくれてありがとう!」と言う気持ちでいっぱいだ。

隣家は私達よりも私達の生活を知っていて、残業して帰宅した夫の帰宅時間(以前「○日はご主人の帰りが遅かったよね」的なことを言われたことがある)まで知っているくらい私達のことを愛してくれていたのだ。

……と思っているのは私だけで、娘の塾の帰宅時間が遅くなったとしても、今まで通り見守り活動を続けてくれる可能性も否定出来ない。

この春から、私達の関係はどうなってしまうのだろう?

春以降の隣家の見守り活動の動向については結果が分かり次第、日記にてご報告するつもりなので、乞うご期待!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました