Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

チャンバラ合戦『戦IKUSA』で大人を投げ捨てる。

昨日は娘と2人で大阪ビジネスパークで開催された「ホコ天フェスタ」のイベント『チャンバラ合戦-戦IKUSA-「OBPの決戦」』に参加してきた。

夫は来週の資格試験に向けて家で缶詰なので1日中、心置きなく遊ぶ覚悟で、夕食のハヤシライスを仕込んで出発でござる。

スポンサーリンク

チャンバラ合戦『戦IKUSA』

チャンバラ合戦とは
  • チャンバラ合戦は「命」と呼ばれるボールを発泡スチロール製の刀で叩き落とす
  • 合戦なので2つの軍に分かれて戦い「命」が沢山残っていた方が勝ち

今回は事前申込制で参加費は無料。

小学生から大人まで親子で遊びましょう……と言う設定だった。

チャンバラ合戦の様子

チャンバラ合戦の様子

実は私。運動は大の苦手だけれど、おばあちゃん子で時代劇育ちなのでチャンバラは大好き。

なので前日から「本気で挑む」と心に誓って参加した。会場は大阪ビジネスパークの路上。3連休を含む4日間は歩行者天国になっていて、屋台が出たりワークショップがあったりお祭りっぽい雰囲気だった。

「本気で挑む」と言ったものの、正直「子ども連れだとそうも言っていられないよね……」と言う気持ちがどこかにあった。

しかし。実際にやってみると予想以上に楽しかった。

「ちゃんばらごっこ」と言ってもプロの本気のサポートがあるので超楽しい!

チャンバラ合戦の会場

チャンバラ合戦の会場

陣地には味方軍の旗が掲げられ、戦いの最中は勇ましいBGM。

進行役のMCの会話も楽しくて「刀を掲げよ!」と言う合図と共に参加者は「おーっ!」と刀を掲げて、戦いに挑む。

大人も子どもも超本気。私も大人気を捨てて本気で戦ってきた。

他の大人達も本気だったと思う。しかし、大人が本気でチャンバラをするのはものすごく疲れる。

子どもよりも合戦の回数は少なかったにも係わらず、ヘトヘトになってしまった。子ども達は「もっとやりたい!」と物足りなかった模様。

想像していた以上に楽しくて、ストレス発散させてもらった。

昼食後は大阪城公園へ。大規模なフリーマケットが開催されていて、娘の服を3着購入。フリーマケットって、買っても買わなくても「大人のお店屋さんごっこ」のようで、なんとなく楽しい。

買い物の後は子ども天守閣(児童遊具)の広場で娘を遊ばせつつ、私は読書など。今日の大阪城公園はフリーマケット以外にいくつかイベントがあったらしく、子ども天守閣もけっこうな賑わいだった。

「娘とお出掛け」と言うと、どうしても娘が主体になってしまって、私はどこか「お付き合い」って気持ちがあるのだけれど、今日は私も存分に楽しませてもらった。

「童心にかえって楽しむ」とか「無心に楽しむ」って、なかなか出来ないのでチャンバラ合戦は本当に良い機会だった。楽しい時間をプロデュースしてくれたスタッフの皆さんに心から感謝を。

心から楽しいと思える1日だった。

チャンバラ合戦『戦IKUSA』は全国各地で開催されているので、参加したい方は公式HPをチェックしてみてください。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました