読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

生命式 村田沙耶香 河出書房新社

村田沙耶香…ヤバいわ。今の日本の純文学作家さんに村田沙耶香以上にクレイジーな作品書く人いないんじゃないかな。良い意味で狂ってる。

今回の『生命式』は短編集。感想を書くのにどうしてもネタバレしないと成り立たないので、ネタバレします。ネタバレNGの方はご遠慮ください。

そして私は「ネタバレしたくないから感想読むのはやめておくね」と言う方に、先にこれだけは申し上げておきたい。グロ耐性の無い方は読まない方が良いかも知れませんよ…と。

『生命式』はかなりエグい内容だということはを覚悟した上で挑んで戴きたい。

スポンサーリンク

生命式

created by Rinker
河出書房新社
¥1,815(2019/12/07 07:06:54時点 Amazon調べ-詳細)
ザックリとこんな内容
  • 作者、村田沙耶香自薦の短編小説集。
  • 『生命式』『素敵な素材』『素晴らしい食卓』『夏の夜の口づけ』『二人の家族』『大きな星の時間』『ポチ』『魔法のからだ』『かぜのこいびと』『パズル』『街を食べる』『野化』12作の短編小説が収録されている。
  • 作品のテーマは限定されていないが「死」「食べる」「生殖」に関することが多い。

感想

『生命式』は『殺人出産』や『消滅世界』の内容と少しかぶる。

殺人出産』では「子どもを1人生んだら、人を1人殺しても良い」と言う世界だったけど、『生命式』では、お葬式(お葬式ではなく生命式と呼ばれる)の時に死んだ人の肉を料理して参列者が世界。「命を受け継ぐ」的な考え方にのっとって行われている。

生命式で人肉を食べた参列者はフィーリングの合った男女で「受精」を行い、子孫を増やす。

現在の恋愛、結婚、セックス、家族の概念とは掛け離れた世界の物語なので、それが正しいとか間違っているとか言うのは無粋だと思う。

ただ、ちょっとビックリしたのは、主人公の女性が子どもの頃は『生命式』と言う概念はなく、人肉を食べることもタブーとされていたのに、わずか30年そこそこで世の中の常識が変わっている…と言うところ。

「別の世界のパラレルワールド的物語」ではなくて、近未来設定になっているのだ。

カニバリズムが登場するグロい話かと思いきや、作品の雰囲気は意外と軽い。

「美味しいですね。山本さんのカシューナッツ炒め」

「ね。山本ってカシューナッツと合うんですね。生きているうちは気が付かなかった」

『生命式』より引用

自分の価値観がぶっ壊される感じが凄くて、読んでいて困惑してしまった。

カニバリズムをテーマにした作品は多くの作家が手掛けているけれど、今まであった観点ては違っている気がする。そう言えば、カニバリズムに取り組んだ作家さんって男性ばかりだった気がするけれど、それも関係するのだろうか?

例えば筒井康隆の『定年食』は定年を迎えた人間が、家族や親戚に食べられる話だったけれど『生命式』のように「命を繋ぐ」と言うような設定ではなかった。

村田沙耶香の生命に対する考え方…心底気持ち悪い(褒め言葉)

『生命式』意外の作品についても、かなり気持ち悪いので是非読んで戴きたい。

食べること、家族をつくること、他人と関わること。

村田沙耶香の作品を読んでいると、自分が今まで当たり前だと思っていたことって、間違っていたのかな…みたいな気持ちにさせられてしまう。

どこからあんな発想が湧いてくるのだろうなぁ…村田沙耶香、恐ろしい子!(白目)

もし『生命式』が気に入ったらなら、是非とも『殺人出産』も合わせて楽しんで戴きたい。タイプの違う作品だけど、村田沙耶香ワールドが繋がるかと思うので是非。

これから先、村田沙耶香がどんなクレイジーな作品を送り出してくるのか楽しみ過ぎる。次の作品を期待したい。

村田沙耶香の他の作品の感想も読んでみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました