Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

"村田沙耶香"

となりの脳世界 村田沙耶香 朝日新聞出版

村田沙耶香はここ数年来、私の推し作家なのだけどエッセイ集は初挑戦。 小説家のエッセイ集を手に取る時って、毎回ちょっとドキドキする。面白い小説を書く人のエッセイだからって、面白いとは限らないのだ。私は小説とエッセイはまったく別物だと思っ...

地球星人 村田沙耶香 新潮社

村田沙耶香。相変わらずキレッキレだった。 個人的には面白かったけれど、この作品は胸糞系なのでオススメはしない。吉村萬壱の『臣女』のような気持ち悪い世界観が平気な人なら大丈夫かも。なんだかんだ言いながら村田沙耶香はそこそこ読んでいるけれ...

コンビニ人間 村田沙耶香 文藝春秋

第155回芥川賞受賞作。作者の作品を読むのは6冊目だけど1番よく出来た作品だと思う。かなり面白かった。ただ作者のが得意とする「突拍子も無い発想」の生きた作品ではなくて、どちらかと言うと一般向けと言うか読みやすい仕上がり。今までは作者の感性が...

消滅世界 村田沙耶香 河出書房新社

作者の作品を読むのはこれで5冊目。 毎度、絶賛している訳でもなく「厨二病的だ」とか「まぁ、分からんじゃないけど」と微妙な感想ばかり書いているのに、それでも読んでしまうのは、なんだかんだ言って気に入っているからだと思う。 今回もい...

ハコブネ 村田沙耶香 集英社

自分の性に違和感を覚えている3人の女性達が主人公の物語。セクシャリティ小説とでも言えば良いのかな。非常に松浦理英子的。同性愛をテーマとした小説ではなくて、あくまでも「セクシャリティ」がテーマ。なのでエロティックな雰囲気は皆無。 この作...

殺人出産 村田沙耶香 講談社

ビックリするほど厨二病的な作品だった。しかし大真面目な作品だ。ラノベっぽくもあるけれど、ラノベにあらず。舞台は近未来日本。「10人子どもを産んだら1人殺してもいい」という仕組みになっている。トンデモ設定で度肝を抜かれたけれど、面白くて一気読...

授乳 村田沙耶香 講談社

前回読んだ作品がちょっと面白かったので続けてもう1冊手に取ってみた。 表題作と他2編。表題作は群像新人文学賞の優秀賞を受賞。いかにも新人賞って感じの作品だった。 表題作は主人公の女子高生が自傷癖のある家庭教師の男子学生を支配して...

タダイマトビラ 村田沙耶香 新潮社

ツイッターで評判が良さそうだったので読んでみた。テーマは家族。子どもを愛することが出来ない母親に育てられた少女の物語で、切り口が斬新だと思った。軽くネタバレを含む感想になるので、ネタバレの苦手な方はご遠慮ください。 小説で家族がテーマ...

50音別作家一覧

当サイトで感想文を掲載している50音別の作家一覧を作りました。 作家名で50音別に並べています。 それぞれの音の中での並びは順不同です。 外国人作家は最後に記載してます。 あ行 あ行の作家一覧 あ ...
本の話

2018年読書総括。

毎年、恒例行事と言うことで今年1年間を振り返ってみての読書総括など。 今年は現在までに読んだ本は65冊。 昨年は64冊読んでいるので、ほぼ例年通りのペース。たぶん、もうこれ以上沢山読むのは無理だと思う。1年間に100冊ほど読んで...