Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

夏の本気。

今年もついに夏が本気を出してきた。

先の土曜日は久しぶりに娘を連れてサイクリングがてら運動公園へ行ってきた。目的地は10キロ先。普段なら大したことのない道行なのにその日の大阪は朝イチから本気の暑さで到着した時はクタクタになってしまってた。途中、今年はじめて蝉の声を聞いた。

午前中、娘はお友達と涼しい体育館で思い切り身体を動かした。私は隅っこで読書など。室内で身体を動かせる場所は貴重なので実にありがたい。お弁当を食べ、午後からは水遊び。公園には子どもが水遊びするための噴水だの、せせらぎだのが整備されていて、水遊び場は大変な盛り上がりだった。この時、外の温度は35度ほどあったらしいけれど、水辺の側で木陰があったせいか、耐え難いほどの暑さは感じなかった。

問題は帰りだった。暑さがピークの中、しかも向かい風と言う最悪のコンディションで自転車を漕ぐのが辛いこと辛いこと。丁度、ツール・ド・フランスの時期なので「この暑さ(フランスと日本では気候が違うけど)で坂とか走る人達って何なの…」とか、そんな事を考えながら自転車を漕いでいた。いつもは私の前を走りたがる娘だけど昨日は私の後ろをついて走っていた。途中、何度も水分補給の休憩を入れてどうにか帰宅。帰宅後は即シャワーを浴びて休憩した。

そして夜。

それまでは暑いと言っても夜になると気温が下がって、暑いなりにエアコン無しでも眠れたのだけど、とうとうエアコンを入れてしまった。夜、娘が汗だくで寝ているのを見て「これはヤバイな…」と諦めた。大人だったら暑い過ぎたら途中で起きてお茶を飲んだりするけれど、子どもだと一旦寝入ってしまうとその辺は全く期待出来ない。

昼間にしても夜にしても、これからは熱中症に気をつけなくてはならないな…と今年はじめて自覚した。「暑くてバテ気味」なんて言っていないで食事もしっかり取るようにして、意識して身体を休める時間を取らねば。娘や夫だけでなく自分自身も大事にしなくちゃ。腰痛の事もあるし、この夏は「努めて休む」をテーマにするつもり。

元気に夏を乗り越えねば。無理しない程度に頑張っていこうと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました