Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

シャイロックの子供たち 池井戸潤 文藝春秋

池井戸潤は初勝利の作家さん。元、銀行員とのこと。

銀行を舞台にした小説。金融小説と言うのだろうか。けっこう面白かった。『シャイロックの子供たち』と言う題名に魅かれて予備知識無しで読んだのだけど、銀行が舞台と知って「なるほどなぁ」と納得した。

銀行って、お金を預ける場所でもあるけれど、お金を貸してくれる場所でもあるのだ。

スポンサーリンク

シャイロックの子供たち

ある町の銀行の支店で起こった、現金紛失事件。女子行員に疑いがかかるが、別の男が失踪…!?

“たたき上げ”の誇り、格差のある社内恋愛、家族への思い、上らない成績…事件の裏に透ける行員たちの人間的葛藤。銀行という組織を通して、普通に働き、普通に暮すことの幸福と困難さに迫った傑作群像劇。

アマゾンより引用

感想

連作短編の形になっていて、銀行に勤務する行員達がそれぞれの話の主人公。1つ1つの話は少しずつ繋がっていて、1つの大きな話になっている。

エンターテイメント性の強い小説だが「気持ちの良さ」は無かった。読んでいて胃が痛くなるような話が多かったのだ。なんと言うか…金融小説と言うよりもサラリーマン小説と言った方がしっくり来ると思う。

会社勤めをしたことのある人なら、主人公達が感じた辛さは分かるんじゃないかなぁ。

銀行という特殊な場所で起こる物語と言うよりも、むしろ「会社」なら、どこでも起こるだろう物語だと思った。

色々と辛い話があったけれど、追い詰められて精神的にダメになっちゃった人の話が怖かった。

取り立てて変わった話でも無いのだけれど「身近にありそう」な感じが、どうにも。働いてお金を得るって大変なことだと思う。その大変さはどんな仕事だって同じことだ。

ちょっと胃が痛くなる話が多いのが難点だが、テンポが良くて、読みやすいのでいっき読みに向いていると思う。

ちなみに私はいっき読みした。機会があれば、池井戸潤の別の作品も読んでみたいと思う。

池井戸潤の他の作品の感想も読んでみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました