読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

大阪ドームで野球観戦。

夏休み当選チケット第3弾と言うことで、家族で『バッファローズ対ライオンズ』の試合を観に大阪ドームへ行ってきた。

大阪ドームへ行くのは結婚して初めてのこと。しかもスポーツ観戦で行くのは初めて。独身次時代に大阪ドームへ行ったのは、ホセ・カレーラスのコンサートとスマップのコンサートだった。

夫と付き合うようになるまでスポーツには全く興味が無くて、職場の人に誘われて甲子園球場に阪神の応援に行った事ある程度。その時は外野席でビール飲んでワイワイしていただけで、まともに野球を観るのは生まれてはじめての経験。

ご招待席だけあって内野席の非常に観やすい場所だった。

心配だったのは「娘が退屈しないか」って事。夫はサッカーが好きなので娘もサッカーは見慣れているし、何度もスタジアムで試合を観ているけれど野球はルールも分からないしサッカーの試合に較べると格段に長い。

「娘が持たないなら7回で風船飛ばして撤収しよう」と言うことで、お菓子にジュースを買い込んで観戦に挑んだ。

しかし私達夫婦の心配は杞憂だった。野球の試合も実際に観てみると案外楽しいものだ。それに娘は「お菓子食べたり、ジュース飲んだりしながらダラっと観る」ってスタイルが面白かったらしい。

野球の試合はサッカーの試合のように休憩時間はないけれど、その分相手チームの攻撃の時にはトイレに行ったり、飲み物を買いに行くような余裕がある。試合を観たり、お菓子を食べたり、バッファローベルちゃんと一緒に写真を撮ってもらったり、ジェット風船を飛ばしたりと、娘は娘で楽しかったらしい。

しかも、素晴らしく良い試合だったのだ。1点差で負けていて最終回で逆転すると言う盛り上がる展開。勝ち試合ってのは生粋のファンでなくてもテンションが上がる。

私は運動が苦手で、スポーツ観戦にも興味が無かったのでサッカーにしても野球にしても夫と結婚しなければ一生観なかったと思う。だけどやってみたら、それはそれで案外楽しい。

「ハマっちゃう」ってほどではないけれど、スタジアムや球場のお祭りめいた楽しい雰囲気は嫌いじゃない。娘はどんなタイプの人間に成長するのかは分からないけれど、子どものうちに色々な経験をして「世の中には楽しい事がいっぱいある」って事を知って欲しい。そして自分の肌に合う趣味を見つけてくれたらな……と。

今回はチケットが当たったから行ったに過ぎないけれど、また機会があれば野球場に足を運びたいと思う。たまには自分のテリトリー外の趣味に触れるのも良いものだな……と思った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました