読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

JKズル休みをする。

記事内に広告が含まれています。

高校2年生の娘。「学校に行きたくない」とズル休みをした。

ズル休みをしたのは運動会が終わった週。娘が言うには「イジメられてる…とかハブられてる…とか、そんなんじゃない。運動会も楽しかったし、準備も頑張ったけど、なんか疲れた」とのこと。

1年生の時はクラス全員、仲が良過ぎるくらいに仲の良いクラスで進級する際は「前のクラスに帰りたいとホームシックになるかも」とクラスメイトと話をしていたほど。新しいクラスでも友達はいるしトラブル等は無いようだけど、どうやら1年生の時ほどしっくりこないみたい。

ちょうどその日は無駄に早起きしたので、出勤前に書き物でもしようかと思っていたくらいには時間があったので、娘の愚痴をとっぷり聞かせてもらったけれど、実際にコレと言った問題があるとも思えなかった。

あえて言うなら思春期特有のお悩みと言うか、厨二病と言うか、そんな感じ。人間関係のお悩みってのは誰もが多かれ少なかれ抱えているもので、娘もその範疇の問題かな…って印象。

「そんなに行きたくないら学校休めば?」と軽率に学校を休ませた。

「そんな事言わないで行きなさいよ」と背中を押せば、学校に行くだろうことは分かっていたけど、娘の性格からするとそうしたところで何か良いことがあるとは思えなかったのだ。しいていうなら、うちの娘は精神的な成長が女子にしては少し遅めな印象で厨二病が抜け切っていない感がある。

1日学校を休んだ娘は翌日、普通に登校した。

実は娘。中学時代にも似たような感じで学校を休んだり遅刻したりしている。中学生の頃も親に散々愚痴って泣いて頭を冷やしたら、翌日は普通に登校していた。

……面倒くさい。実に面倒くさい。

大阪で「天王寺高校に通っている」と言うと「まぁ。優秀なお子さんで羨ましいわ」みたいな事を言われがちだけど、とんでもない話だ。

天王寺高校に通っているからって、しょせんはただの高校生。1学年360人の中には恐ろしいほどの天才も紛れているだろうけど、その大半はただの高校生でしかない。

娘の場合、高校に入って中学生の頃よりも楽しんでいるのは本当だけど、だからって一足飛に大人になった訳じゃない。むしろ「高校生になった」と言う名目で与えられた自由や特権を浪費している…まである。

他の親御さんから見ると娘は優等生だと思うのだけど、私は同じ年の子を持つ親御さん全員に言いたい。

安心してください。

うちの子もあなたのお子様に負けず劣らずかなり駄目っ子動物です。反抗的だし、高校2年生になっても厨二病が抜けてないし、根本的に豆腐メンタルだし、そうかと思えば親に対してだけは好き勝手に不平不満を言い散らかしております。

子育ての悩みは子が何歳になっても終わらないものなのだなぁ。

娘の話を聞くのは面倒くさいし正直「勘弁してください」って思うのだけど、娘が手元にいる間だけの事だと思えば付き合っていくしかないかなぁ~と思ったりして自分の生気持ちに折り合いをつけている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
高校生活
スポンサーリンク