読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

生まれ初めて玄米を炊いてみた。

記事内に広告が含まれています。

夫が糖尿病と診断されたので生まれ初めて玄米を炊いてみた。

糖尿病は基本的にカロリー制限と糖質制限が有効とされる。そもそもとして糖尿病になる人は「お米大好き。麺類大好き。甘い物大好き」ってタイプが多い。「だから糖尿病になるんですよ」って話だけど夫も完全にこのタイプ。

夫は常々「意識高い系の生活なんてやってられない」と言っていたけど、こうなってしまった限りは糖質制限をするしかない。今まで通りの生活を続けていたら完全に詰む。

糖尿病の怖いところは様々な病気が付随すること。色々怖い症状があるれけれど特に怖いのが次の3つ。

  • 失明の可能性
  • 壊疽からの手足切断
  • 糖尿病腎症からの人工透析

ビックリするけど人工透析を受けている患者さんの40%以上の人が糖尿病(先天的な1型糖尿病の方も含まれる)由来のもの。可能であれば、そこまで行き着いてしまわないように自分で節制するしかない。

糖質制限、やらねば!(使命感)

…って事で、夫が入院中に玄米を買って試しに炊いてみた。私は今までの人生で「玄米食に切り替えよう」なんて思ったことは1度もない。だって白米が美味し過ぎるんだもの。いくら最近は美味しい玄米があると言って銀シャリの魅力に勝てる訳がない。

だけど血糖値の上昇に影響するGI値を白米と玄米で比較すると、玄米の白米のGI値は88なのに対して精白されていない玄米はGIの55。

炊かねば!(使命感)

とりあえずスーパーで玄米を2キロ買ってきた。と言うかスーパーには2キロ入の玄米しか売っていなかった。

ネットで玄米の炊き方を調べて、炊飯器の玄米モードで炊いて食べてみたところ、思っっていたより美味しい! 娘も「これなら私も食べる。そもそも糖質制限はダイエットにも良いし」と大乗り気。

退院した夫に「強制する気はないけれど我が家のお米を白米から玄米に切り替えたい」と宣言したところ夫も了承してくれた。妻と娘が前のめりでいるので「嫌だ」とは言い出せなかったのかも知れないけれど。

そうと決まったら次は「玄米の仕入先」を考えなきゃいけない。何しろ近隣のスーパーには2キロの玄米しか売っていないくて、それは生協も同じ。個人経営のお米屋さんは絶滅してしまっているので、どうにかして「まとまった玄米」を買う必要がある。

とりあえずAmazonか楽天で買うことにした。どこのお米が美味しいのかは試していくうちに分かると思う。

糖尿病対策…幸いにも私は料理が嫌いじゃない。糖質制限中だけどオヤツ食べたい人の味方、シャトレーゼも自転車圏内にある。きっと、そう簡単にはいかないとは思うのだけど前向きに頑張っていきたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で