読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

楽しかった無職生活。

記事内に広告が含まれています。

楽しかった無職生活と別れを告げる時が来てしまった。

突然、予期せぬ休みが降って湧いた時「中年こじらせてメンタル病むかも知れない」ってことで「無職期間にやっておきたいことリスト。」を作って出来るだけ達成させたいなぁ~と思っていたのだけれど、見事に全てやり切ることが出来た。

ちなみに…最初に立てた目標はこんな感じ。

それに加えて実母の入院と手術もあったので「暇を持て余して中年をこじらせる」なんて事もなく、毎日なんだかんだと忙しく過ごしていて「もう少し休んでいたかったかも」とさえ思っている。

……とは言うものの。このくらいの休みが丁度良い…ってことは私も理解している。

あちこち遊びに出掛けたものの、それは「1ヶ月のうちに色々やっておきたい」と思ったから出来たことで、収入がないのにこのペースで遊び歩いていは家計が破綻してしまう。

それに「ずっと家にいて専業主婦で楽しいのか?」ってところも大問題。

前職場で働くまでは専業主婦だったけれど専業主婦時代は今よりもずっと娘に手が掛かったし、実母の体調も今よりずっと悪くてデイも利用していなかったので、なんだかんだと手掛かり、ある意味「パートをしているよりもずっと忙しい」みたいな状況だった。

娘に手が掛からなくなり実母も安定している今、専業主婦でずっと家にいたら私は間違いなく暇を持て余してしまうだろう。「小人閑居して不善を為す」ではないけれど、暇を持て余した人間なんてロクなもんじゃない。(もちろん病気等の理由があってやむを得ず動けない場合は当てはまらない)

それにつけても嘘みたいに楽しい無職期間だったなぁ。

私の人生でこんなに楽しい無職期間は後にも先にもこれが最後になると思う。私は非正規労働者なので、これから先も「仕事の狭間」みたいな期間が出来てしまうだろうけれど、こんなに暢気で恵まれた無職期間はそうそうないと思う。

50歳の区切りに充実した時間を過ごすことが出来た事を心からありがたく思う。

エネルギーチャージ完了…ってことで明日からはじまる新しい生活としっかり向き合っていきたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で