読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

歳を取ると子どもに戻ると言うけれど。

人間は歳を取るこ子どもに戻ると言うけれど、今までずっと理解できないでいた。

老人介護の仕事をしている知人は「仕事で関わるお年寄りの人って子どもみたいに無邪気で可愛いよ」って言うけれど「いやいや。それは貴女が優しいからそう思えるのですよ。普通の人間には無理ですって」としか思えなくて、彼女の言う「この仕事、意外と楽しい」って気持ちが分からなかった。

実母にしても義母にしても我がまま気ままでムカつくことが多々ある。私の場合、義母とは気が合うせいかそこまで本気で腹が立たないのだけど、実母に関しては常に「いい加減にしてよ」と言う気持ちが強い。

ところが最近、義母にしても実母にしても「ちょっと可愛いかも…」と思うことが増えてきた。

例えば……

「もうこここまで年を取ると食べることしか楽しみがなのよね」なんて言いながら、ニコニコ顔で好物を食べているところとか、新しい服に袖を通して「これ、いいわぁ~。もう1枚洗い替えが欲しいくらい」などとご機嫌な時など「あ…なんか子どもみたい」と思ってしまうことがある。

逆に悪い時にも「あ…なんか子どもみたい」と思うことも増えていて、何か言い訳をする時や、自分の我を通そうとする時など、本当に小学生の子どものようなことを言い出すのだ。

  • コレ、みんな持ってる(欲しいから買ってくれ)
  • 聞いたかも知れないけど忘れた(聞いたけどやりたくなかった)
  • 私そんなこと1回も言ったことない(言ってた)

……等、実母義母も小学生の子どものような我の通し方をしてきたり、嘘だと分かる言い訳をしたりするようになっている。

最初のうちは腹を立てたりしていたけれど、ふと「これ…小学生やん…」ってことに気付いてからは、前ほど腹が立たなくなった。

「歳を取ると子どもに戻る」って本当なのかも知れない。

子どもは見た目的に可愛いけれど、高齢者は可愛くない。なので色々不利ではあるけど、薄目で見れば可愛く見えなくもない…かも。

パート先のお子さんは重度障害の方が多くて、例えば来所した時から泣きわめいていて帰宅まで泣いて大暴れする方がいたりするのだけど、泣いても暴れても腹が立たない、

それは「仕事だから」ってところが大きいのだけど、どこかしら「可愛い」って思えるから。介護の仕事をしている知人のように「お年寄りの人って子どもみたいに無邪気で可愛いよ」と思えたら、母達と付き合いがもっと楽になるのだろうなぁ

……って言ってみたものの、きっとこれからも母達の理不尽に向き合ったら切れ散らかしてしまうのだろうなぁ…って確信がある。

「歳を取ると子どもに戻る」と言う言葉を理解できるようになったものの、高齢者と上手く付き合えるかどうか…となると、それは別の話。ホント難しいし悩ましい限り。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました