読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

中2娘のオンライン運動会。

日曜日は娘の中学校の運動会だった。このご時世なので競技は厳選して午前中のみの縮小開催。保護者はオンライン視聴。運動会の開催については色々な意見があったと思うのだけど、先生方も考えた末の開催だったのだと思う。

夫と「オンラインってどんな感じなんだろうね?」とワクワクしていたのだけれど、本部席から定点カメラで撮影した動画をオンライン配信する…と言う形式だった。

本部席に設置された定点カメラなのでリレーや徒競走等でゴールする瞬間はそこそこ大きく映るものの、それ意外の場所はよく見えない。そしてゴール前でさえ我が子を特定する…となるとサイゼリヤの間違い探しレベルで難しかった。

…とは言うものの運動会の雰囲気は伝わってきてたし、それなりに楽しませてもらった。撮影のプロがいる訳じゃなくて、先生方がセッティングしてくれたと思えば充分だと思った。

オンライン運動会。良いじゃないの!

運動会のオンライン配信はコロナが落ち着いても続けて欲しい。様々な事情で「運動会に行けない」「運動会に行き難い」ってご家庭もあると思う。

家族に介護や看護をしなければいけない人がいたり、新生児がいたり。また遠方の祖父母や単身赴任中の家族が子どもの姿を観ることができるのは魅力的。

もちろん、問題点も色々あるかと思う。動画配信の場合、スクショ(スクリーンショット)や動画は取り放題なので、画像や動画が悪用される可能性が高い。「それを言ってしまえば普通の運動会も同じでは?」って話だけど、学校に入って撮影することを思えば断然簡単に動画や画像を手に入れることができる。

娘の学校の場合、一応ルールを設けてはいたものの、あくまでも利用者の良心頼みのルールなので、悪いことをしようとするタイプの人間にはまったく通用しない。

芝居やライブのライブビューイングくらいしっかりしたシステムで行うのではあれば、ある程度犯罪へのリスクを軽減できると思うのだけど、素人が撮影して配信する場合、対策なんてしていないも同然だと思う。

……とは言うものの、今回はオンライン運動会を設定してくれた先生方には感謝している。そして今後、学校行事等のオンライン配信がもっと成熟してくれると良いのになぁ…と思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました