読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

食いしん坊だけどケチなので。

我が家が外食しなくなって、どれくらいの時間が過ぎただろう?

最初の緊急事態宣言が出た時はここまで長引くとは思ってもみなかった。昨年の今頃は「来年の今頃はコロナも随分落ち着いているだろうね」と思っていたけど、落ち着くどころか大阪に至っては新規感染者数が右肩上がり。

「コロナはただの風邪」って意見もあるし「対策していれば外食を制限する必要はない」って人もいるけれど、私はやっぱり気になってしまう。

正直なところ自分が感染しても死ぬことはないだろうと思っていて、それについては夫についても娘についても大丈夫な気がしている。だけど実母や義母、パート先の利用者さんが感染したら…と思うと、どうしても慎重にならざるを得ない。

そんな訳で外食をに切り替えたのだけど、よくよく考えてみれば、テイクアウトは昼間ばかりで、夜はほとんど利用していなかった。くら寿司の持ち帰りを利用したけど片手で足りるほどの回数だし、昨年末に夫が「焼き鳥が食べたい」と言って、焼き鳥屋の持ち帰りを利用した程度。

夫は「夕食作るのしんどくなったら、いつでもテイクアウトしてくれてエエんやで。俺、取りに行くし」と言ってくれるけど、財布の紐を握っている私自身がどうしても納得出来ないのだ。

近隣でデリバリーやテイクアウトをしているお店って、マクドナルドとかガストとかびっくりドンキーとか、要するにファストフードとかそれに準ずるようなお店が多いのだけど、その類のお店を夕食に利用する気になれないのだ。

例えば…マクドナルドも夕食でも満足できるようにメニューを出しているけれど、家族3人で食べるとなると、けっこうなお値段になってしまう。メニューを見て計算していて、ふと「ああ…この値段出せば、けっこう良い牛肉が買えちゃうよな…だったら、ちょっと手間かけて家でスキヤキした方が幸せになれるんじゃね?」と思ってしまうのだ。

例えば…の話だけど、たとえサイゼリヤとかびっくりドンキーでも外食するのであれば、出来たての物を提供してくれて、しかも片付けはいらない。なので、そこに費用を払うことに対して躊躇いは感じない。

だけどテイクアウトやデリバリーの場合、出来たてでない上に片付けは自分でしなければならない。自分で片付けをしなきゃならないなら、もういっそ自分で作って美味しい物を食べたい…って思ってしまうのだ。

分かってる…テイクアウトやデリバリーは「作らなくても良い」ってところが大切だってことは。だけど私は食いしん坊だけどケチなので「作らなくても良い」だけでは満足出来ないのだ。

そんなこんなで、結局、毎日食べることばかり考えている。

我が家は基本的に土日は買い物をしないスタイルなので金曜日の食料品の買い出しは私にとって一大イベント。スーパーでお得そうな物を厳選して、土曜、日曜、2日分の昼食と夕食の献立を考えて食材を買い込む。

ケチな性分の自分が憎い…そしてコロナはもっと憎い。

早くコロナが落ち着いて、心置きなくサイゼリヤとか鳥貴族に行きたい。これ書くのもう何度目か忘れたけど、たぶんこれからも書くと思う。それくらいサイゼリヤと鳥貴族に恋い焦がれている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました