読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

何もかも全部、更年期のせい。

最近「ちょっとした不調」が続いている。だけど心配ご無用。本当に「ちょっとした不調」としか言いようがない程度なのだ。例えば…

  • 塩辛いものを食べていないし汗もかかないのに猛烈に喉が渇く
  • 尾てい骨のあたりが妙に痒い
  • 夜中にトイレに行きまくる日がある

……とかとか。どれもこれも深刻なものではなく、病院に行くような感じでもない。症状がずっと続くなら病院へ行くことも考えるのだけど、たいてい「ちょっとした不調」レベルでいつの間にか落ち着いて、忘れた頃に復活する。

「病院に行くほどでもないな」程度の不調とは言うものの、原因を知りたいし、対処法が分かれば対処したいと思ってネットで検索してみることがある。

「喉が渇く」と言うと、よく言われるのが糖尿病だけど私は年齢にしては血糖値は高い方ではない。そして発汗や塩分についても疑われるけど、それも違う。どんどん読みすすめていくと出てくるのが更年期の文字。

そして忌々しいことに最近感じる「ちょっとした不調」を調べてみると、漏れなく…と言って良いほど更年期が登場する。「ちょっとした不調は更年期が原因って書いときゃ良いって思ってるんじゃないでしょうね?」と疑ってレベル。

……たぶん。全部更年期のせいなんだろうなぁ(遠い目)

更年期と言うと顔が熱くなるとか、めまいが酷くて起き上がれなくなる人がいるとか、鬱になって仕事や家事ができなくなる人がいるとか様々な話を聞いていたので「私もいつかそうなるかも知れない」と覚悟はしていた。

おかげさまで今のところ深刻な症状は1つもなくて、ちょいちょい「ちょっとした不調」が訪れるくらいのものだ。

更年期…凄いな。どんだけ色々なことが起こるんだよ?

私は「ちょっとした不調」でしかないのに「面倒くさいなぁ。勘弁してよ」と思ってしまうのだけに、更年期のキツイ人のご苦労はいかばかりかとお察しする。

私の場合、まだ更年期の深淵を覗いていないだけかも知れないので大きなことは言えないのだけど…なんとなくだけど、ぬるく更年期を乗り越えていけるような気がしている。今、中学2年生の娘が高校に入る頃……遅くても大学に入るこ頃にはスッキリしているんじゃないかなぁ。

こう言う「ちょっとした不調」は面倒だけど、人間としての段階を進んでいる実感がある。子どもの頃は自分の知らないうちに成長が進んでしまっていたけど、老いは自覚出来るのが良い。

とりあえず尾てい骨のあたりが痒いので保湿してユースキンを塗っておこうと思う。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました