読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

中2娘。ワクチン接種の副反応。

中2娘。ようやくワクチン接種1回目を受けることができた。子どものワクチン接種の副反応なんて興味の無い方の方が多そうだけど、せっかくなので記録しておきたい。

ワクチン接種は12歳から受けることができるのだけど、12歳から17歳までの若者層はファイザー1択。娘は自治体の集団接種ではなく、個人病院での個別接種を受けた。私の住んでいる自治体はワクチン接種に関しては残念過ぎるくらい残念で、集団接種の予約を取るのはプレミアチケット並に難しい。

17歳以下の子どもの場合「保護者の方についてきてもらってください」と言われることが多いと思う。なのでお子さんにワクチン接種を受けさせたい場合は、家族の協力が必須。我が家の場合、夕方の予約だったので私がパートから帰宅したその足で病院へ向かった。

  • 受付でワクチン接種に来たことを告げる
  • 医師の問診を受けて注射15分待機して問題なければ帰宅

……みたいな流れになると思うのだけど、娘の前にいた人は甲殻アレルギーとのことで30分待機しておられた。何か重めのアレルギーを持っている人は待機時間が長くなることを覚悟した方が良いかも知れない。

さて。本人の感想だけど「子宮頸がんワクチンの時より断然痛くなかった」とのこと。子宮頸がんワクチンも筋肉注射なので似たようなものだと思うのだけど、もしかしたら注射をする医師によっても痛みは違うのかも知れない。あと「筋肉注射の痛みはこれくらい」と言う予行練習があったから余裕があった…ってところもあるのかも知れない。

15分待機して帰宅。「しんどくなったら困るから早くお風呂に入りなさい」と夕食前にお風呂に入らせ、いつもの時間に夕食を取った。そして早め(21時過ぎ)に就寝。「ワクチンの影響なのかどうかは分からないけど、眠かったから寝た」と娘談。

その夜は何度か様子を見に行ったけど発熱することはなかった。

ワクチン接種当日は「副反応あるかと思ってたけど、なんてことないね」言っていたけれど、翌朝「注射打ったところの腕が痛い」と言っていた。そして「熱出たら学校休めるかと思ってたのに出なかったな」と言い残して元気に登校。

……とりあえず1回目は大した副反応が出なくてホッとした。

子どもへのワクチン接種については賛否があるけど、仕事柄、早い段階でワクチン接種を受けた子どもを何人も見ているので不安はなかった。

私が働いている放課後等デイサービスは重度心身障がいの方が通う施設なので、12歳以上のお子さんは早々にワクチン接種を受けていた。世の中には反ワクチンな人もいるけれど、持病を持っている子どもの親御さんはむしろ「打てるものなら早めに打ちたい」と考えている人がほとんど(少なくとも職場で「打てるけど打たない」って人はいなかった)

意外に思うかも知れないけれど、優先接種でワクチンを受けたお子さん達の中に酷い副反応が出た人はおらず「1晩38度代の熱が出ましたがすぐに収まりました」って人が1人いた。

娘のワクチン接種。2回目は3週間後。無事に2回目を受けられることを祈るばかり。最近「1回目のワクチン接種の後に陽性(または濃厚接触者)になったから2回目を接種出来なくて困っている」って話をチラホラ耳にする。

ワクチン接種をしたからと言って我が家のスタンスが変わる訳ではないけれど、娘が無事に1回目をクリアできてホッとした。

コロナが落ち着いたら家族で外食したいし、友人とお茶して無駄話したい。一刻も早くコロナが収束することを心から願っている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました