読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

映画『テッド(R15)』感想。

『テッド』は2012年に公開されたR15のアメリカ映画。日本ではR15版とR12版が公開されている。

『テッド』がR指定を受けているのは、性的に過激な描写があったり、卑猥で下品な言葉が使われていから。まぁ…子どもには見せられないし、中1の娘には見せたくない。

実のところ「子どもは観ちゃだめ」とは言い難いところもあるけれど、あくまでも「親にナイショでAV観ちゃった」くらいのノリでお願いしたい。

数年前に観ていたのだけど、ケーブルTVで放送していたのをチラ見したら、そのまま最後まで観入ってしまった。

スポンサーリンク

テッド

テッド
Ted
監督セス・マクファーレン
脚本セス・マクファーレン
アレック・サルキン
ウェルズリー・ワイルド(英語版)
原案セス・マクファーレン
製作スコット・ステューバー
セス・マクファーレン
ジョン・ジェイコブス
ジェイソン・クラーク
製作総指揮ジョナサン・モーン
ナレーターパトリック・スチュワート
出演者マーク・ウォールバーグ
ミラ・キュニス
セス・マクファーレン
ジョエル・マクヘイル
ジョヴァンニ・リビシ
音楽ウォルター・マーフィー(英語版)
公開アメリカ合衆国の旗 2012年6月29日
日本の旗 2013年1月18日(通常版)
日本の旗 2013年7月5日(PG12版)

あらすじ

1985年のクリスマス・イヴ。主人公のジョン・ベネット少年はサンタさんに「一人でいいから親友がほしい」と祈る。

ジョンは翌朝プレゼントでもらったテディベアに『テッド』と名付けてかわいがり、さらに命が宿るように祈る。命が吹き込まれたテッドと親友となり2人は共に暮らし成長する。

そして月日は流れ27年後の2012年。ジョンは35歳に。テッドは見た目こそ可愛いテディベアだが、中身は完全にオッサンのようになってしまう。

会社員となったジョンは親元を離れて親友のテッドと、ジョンの恋人・ロリーの“3人”で暮らしていた。

テッドはかつて「生きているぬいぐるみ」としてマスコミに取り上げられ、国民的キャラクターとして一世を風靡したが、年と共に落ちぶれて酒と女とマリファナ漬けの日々を送っていた。

一方、35歳になったジョンは職場で昇進話が出るも仕事に身が入らず、休日にはテッドと共にマリファナを回し飲みし、ビデオを見ては一日中ダラダラと過ごしてた。

ロリーは、ジョンがいつまでも大人になれず、結婚する決意もできないのは、テッドと一緒に暮らしているからだと考えるようになる。

ある時テッドとジョンが散歩中にテッドのファンの男性・ドニーと出会い、「テッドを売って欲しい」と言われるがもちろんそんな話には乗らない。

ロリーと交際4年目の記念日の晩、ジョンとロリーが食事を終えて帰ると、何人もの売春婦を呼んで乱痴気騒ぎをしているテッドに、ついにロリーの怒りが爆発。ジョンは、テッドに家を出るよう提案し、2人は初めて離れ離れの大人の生活を始める。

テッドと離れて暮らしはじめたジョンだったが、テッドと遊びほうけてロリーとの約束をすっぽかしてしまう。ロリーから別れを告げられたジョンは、彼女と別れた責任をテッドに押し付ける。2人は殴り合いのケンカの末和解し、テッドはジョンとロリーのよりを戻す方法を考える。

テッドはロリーに会って謝罪し、ジョンにもう一度チャンスを与えてほしいと頼む。ロリーと別れた直後一人でいたテッドは、かつて「テッドを売って欲しい」声をかけてきたドニーによって誘拐されてしまい、監禁された部屋から脱出を試みるが…

テディベアはズルイ

私は『テッド』が大好きだけど、リアルにいたら付き合っていられないと思う。

下品で失礼。やっていることはめちゃくちゃ。酒とドラッグと女遊び。こんな人がリアルでいたら絶対に関わりたくない。

だけどテッドはテディベア。もう見た目にズルい。何をやらせても圧倒的に可愛いんだもの。

「可愛いからすべて許す」とまでは言わないけれど、どうしても…どうしても嫌いになれないのだ。もはやこれは可愛いの呪いと言っても良いと思う。

下品の極み

「それ知って何の役に立つんだ?」って話だけど『テッド』を監督した、セス・マクファーレンはアメリカ同時多発テロ事件でワールドトレードセンター北棟に突入したアメリカン航空11便に乗る予定だったけれど、前日に酒を飲み過ぎて2日酔いになり、飛行機に乗り遅れ、事件を回避する…と言う強運の持ち主。

そして第85回アカデミー賞授賞式では司会を務めたが、人種や性をネタにしたジョークを連発して盛大に燃えている。

……セス・マクファーレン監督って、テッドと似ている気がする。

「良いか悪いか」って観点から言うと、まあ駄目だ。許される話ではない。だけど、デッドのようにパワーの塊のような人なんだろうなぁ…とは思う。

『テッド』は全編通して勢いがあるのだけど、セス・マクファーレン監督だからこそ撮れた作品なのかな…とは思う。

友情と成長

『テッド』はどうしようもなく下品な作品だけど、押さえるべきポイントはちゃんと押さえている。

友情と成長。

感動ドラマの大きな柱をしっかり立てているおかげで、鑑賞に耐えられる作品に仕上がっている。

  • テッドに命を吹き込んだのはジョンの強い願い
  • テッドとジョンは27年間ずっと共に過ごしてきた親友
  • ジョンは子どもの頃、友達が1人いなかった

大人になってからのデッドは下品な中年のオッサンだけど、テッドはジョンが幼い頃からジョンと共にいて、支え、親友であり続けた。

友達が1人もいなかったジョンは大人になり、友達や恋人も作って社会生活を営める青年に成長しいる。

「どんな時も共にいる」って凄いことだと思う。

だからこそジョンは最後までテッドを大切にしたのだし、テッドもジョンを信頼していた。テッドはどうしようもないヤツだけど、2人の友情は本物だ。

……と、なかなか良い風に書いてみたものの、猛烈に下品なので下品とかブラックジョークが嫌いな方にはオススメしない。

ご視聴は計画的によろしくお願いします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
映画
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました