読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

ウマ娘の影響で競馬を観るようになった話。

数年ぶりに本気でゲーム(ウマ娘)にハマったおかけで、生活に張りが出て毎日が楽し過ぎる。

ここのところ毎日「ウマ娘のために生きている」と言っても良いくらいの日々を送っているのだけれど、とうとうウマ娘の影響で競馬を観るようになってしまった。

私は人生で1度も競馬場に行ったことがないし、馬券を買ったこともない。

私には博才とかクジ運は無いと自覚しているのでウマ娘にハマったからと言って、これから先も賭け事として競馬をしようとは思わない。

だけどウマ娘をプレイするようになって、競馬の仕組みを知ってからは競馬中継が面白い。当たり前だけど競馬ってお馬さんのかけっこなんだよなぁ。

私は根本的に動物が好きなので、一定時間動物を観察するだけでも楽しい…ってのもある。例えば出走馬がパドックを歩いている姿を見て、あれやこれや観察するはの楽しいし、レースで馬が走っているのを眺めるのも楽しい。

競馬中継を観るようになるまで知らなかったのだけど、競馬中継って毎週のようにあるのだなぁ。それも日曜日のお昼間に!

コロナのおかげで日曜日と言っても、ウマ娘をプレイするか近隣をウオーキングするくらいしか娯楽がない中で、競馬中継はオヤツ時に放送される。珈琲や紅茶を飲みながら、美しい馬が走っていくさまを眺めるのは悪くない感じだ。

これまでの人生で「賭け事と言う意味ではなく競馬を愛している」と言う人と何人か出会ったけれど今までは「それって本当なの? 実は博打にハマってるのでは?」と思っていた。だけど今は「賭け事と言う意味ではなく競馬を愛している」って意味が分かる気がする。

競馬が長年廃れない…ってところには、賭け事としての楽しさだけでない魅力があるのだなぁ。

コロナのおかけでストレスの多い毎日にあって、ウマ娘と競馬に出会ったのは幸せなことだ。とりあえず明日も心ゆくまでウマ娘をプレイするために、朝5時に起きて活動をはじめる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました