読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

たぶん、みんな疲れてる。

コロナ自粛がスタートしてからと言うもの、我が家の生活は地味に変化した。

  • 外食はしないので毎日3食家ご飯
  • 夫の帰宅が早くなったので平日も家族揃っての夕食
  • どこにも行けないので自宅で映画三昧

……実のところ、特に不満は感じていない。家事の負担がおおくなったことについては「ちょっとシンドイな…」と思うけれど、我慢出来ない…ってほどもはない。

娘は中学1年生。

休校中は娘もなんだかんだとストレスが溜まっていて親としても気を使う部分があったけれど、中学校生活がはじまって部活もスタートした今は毎日楽しく学校に通っている。

娘は赤ちゃん時代から体力だけは恵まれていたので、暑い時期の登校や部活も平気。むしろ「部活はじまってからはストレスないわぁ~」と喜んでいる。

我が家としては夏休みが短いことも、お出掛け出来ないことも特に問題はないのだけど「娘が3歳だったら、私は発狂してるな…」って思う。

  • 毎日暑いのに行くところがない
  • プールや水遊び場も行けない
  • 外遊びは暑過ぎて無理

娘が小さい頃。私は黄金週間を過ぎると子どもイベントの懸賞ハガキを職人になっていた。

……それ以外にも大学や企業主催の夏休み講座に応募してみたりして、娘のありあまるエネルギーをどうにかしようと必死だった。

それが全部封じられたとしたら……やる事がなさ過ぎて、親子して煮詰まっていたと思う。想像しただけでも恐ろしい。

娘はいま中学生。自分で勝手に部活に行ってくれて、塾の夏休み講習でみっちり絞られて、ありあまるエネルギーを発散してくれているけれど、もし娘が幼少期にコロナ自粛を強いられていたら、私は普通でいられる自信がない。

小さいお子さんがいるご家庭にとって、コロナ自粛はたまらぬものがあると思う。

退屈は子どもの心を殺すからなぁ。

……とは言うものの「三密を避けて行動しましょう」と言われるなかで、子どもを連れて遊び歩く訳にはいかないし「今は我慢するしかないでしょ?」って言われてしまえば、そうなのだけど。

コロナ自粛の影響って、家庭によって…個人によって違うな…って思う。

……たぶん、みんな疲れてるよね。

なんともやり切れない気持ちになるけど、私も自分と家族の生活をこなしていくだけで精一杯。「早くコロナが収まりますように」と神頼みするくらいしか出来ないのが現状だ。

せめて、こんな時だからこそ身近な人には優しくありたいな…と思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました