Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

シルバーウィーク。1人で過ごす静かな時間。

シルバーウィーク3日目。夫が休日をくれた。

1日目は義母を交えて農業公園で秋の収穫。2日目、3日目は夫に勉強時間を作ってもらうために娘と2人で行動していた。

夫は10月に資格試験を控えているので勉強時間が必要なのだ。2日目はインドアイベントだったから良かったのだけど、3日目は外遊びで帰宅したら鼻水が酷くて大変なことに。疲れも溜まっていたので、夫の申し出をありがたく受けることにした。

夫と娘は朝早くから早朝サービスでスポッチャへ。スポッチャでは朝5時~8時までに入店したら12時まで割引料金で遊べるらしい。夫が娘に「明日はお父さんとデートしよう。どこに行きたい?」と聞いたところ、娘は「スポッチャがいい!」と即答したらしい。

午前7時前に夫と娘を送り出した。

その後は好きな音楽を流しつつ定番家事。マスクを装着してスーパーへ食料の買い出し。その流れで実家に食料を宅配。帰宅後は夕食の段取りをして業務終了。お昼はカップ麺を食べ、午後からは好きな紅茶を飲みつつ、ネットをしたり、畳に寝転がって本を読んだり1人の時間を満喫した。

1人で気ままに過ごす事が出来るのって幸せだ。

「主婦なんだから子どもが学校に行ったら毎日暇でしょ?」と言われる事があるけれど、平日は案外暇じゃない。ダッシュで家事を片付けて、日によっては実家の母の召集に応え、時間があればPCで仕事して、気がつけば娘の帰宅時間。娘が帰ってきたらオヤツだの宿題だの、習い事だの、友達が遊びに来たりだので慌ただしい。

昼間っからひっくり返って本を読むとか、スマホで2ちゃんとか至福である。

きっと毎日こんな生活だったら飽きてしまうのだろうけれど、たまには1日でダラダラするのも良いものだ。

ゴロゴロしていたせいか、溜まっていた疲れが楽になった気がする。夫と娘はニコニコで帰宅。実に幸せな1日だった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました