Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

母性 湊かなえ 新潮社

私は湊かなえとは相性が悪いのだと思う。

読んでいてムカムカしたし、登場人物をグーパンチで殴りたいとさえ思った。

告白』を読んだ時も「読んでいてイライラした」と書いているけれど、この作品に至ってはイライラどころの話ではなかった。

スポンサーリンク

母性

created by Rinker
¥360(2019/09/18 01:44:26時点 Amazon調べ-詳細)

女子高生が自宅の庭で倒れているのが発見された。母親は言葉を詰まらせる。「愛能う限り、大切に育ててきた娘がこんなことになるなんて」。世間は騒ぐ。これは事故か、自殺か。

……遡ること十一年前の台風の日、彼女たちを包んだ幸福は、突如奪い去られていた。母の手記と娘の回想が入り混じり、浮かび上がる真相。これは事故か、それとも――。

圧倒的に新しい、「母と娘」を巡る物語。

アマゾンより引用

感想

私り好みと合わないからと言って「ツマラナイ小説」とか「駄目な作品」だとか言うつもりはない。ただ単純に相性が悪いのだ。

事実、文章は読みやすいし、読者を引き付ける力はかなりのものだ。そしてグーパンチで殴りたいと思うほど腹立たしい人間だって上手く描けている。好きな人が絶賛するのも分からなくはない。

今回の作品は題名からして母にまつわる物語なのだろう事は分かっていた。

でも、なんと言うのかなぁ……私は湊かなえ(と言うか湊かなえの描く母親像)とは全く相容れない人間なので登場人物達に共感する事は出来なかったし、好きにもなれなかった。

むしろ、腹立たしかった。

湊かなえ自身は子を持つ母親なのだろうか?それとも想像だけでこの作品を書いたのだろうか? それについては、ものすごく興味がある。どうして、あんな母親像を描いたのかって事が。

桐野夏生も、とんでもない母親像を描くことがあるけれど、彼女の描く母親は「とんでもない女」ではあるけれど、まだ理解出来る感じ。

でも湊かなえの描く母親像はちょっと違う。言葉が悪いのは承知の上で書くけれど「キチガイ」としか思えないのだ。

読後感は最悪だったし、被害者は可哀想だったし、やりきれなさだけが残った。

たぶん私は湊かなえの作品をこれ以上読まないと思う。巷でものすごく評判になってしまったら、気になって、懲りもせずまた読んでしまう事があるかも知れないけれど。

力のある作家さんだとは思うけれど、私とは交わるところが無い作家さんだなぁ……と思う。

50音別作家一覧はこちら

作家名・作品名等で検索出来ます
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました