Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

刺繍天国 松井雪子 文藝春秋

松井雪子は初挑戦の作家さん。

図書館で『刺繍天国』の表紙に惹かれて、表紙借りした。

本を読んでから知ったのだけど、元々は漫画家とのこと。大人向けのOL漫画を描いてたらしいのだけど、ちっとも知らなかった。

スポンサーリンク

刺繍天国

胸に蝶、プリズム・スパンコールとビーズの。こんどの恋は逃さない。

恋のすべてが描かれたふたつの小さな物語。

アマゾンより引用

感想

タイプの違う短編『恋蜘蛛』と『愛 弾丸ツアー』の2作品収録。

『恋蜘蛛』は予想外に面白かった。乙女ちっくな題名に惹かれて手に取ったのだけど、刺繍をするのは女性じゃなくて、男性だった。

お縫子のヒロインと、天才的に刺繍をする男の物語。

一応、ヒロインの恋物語……って事なのだと思うのだが、恋愛要素はかなり低め。むしろ、刺繍男のクレイジーっぷりが面白かった。

天才と呼ばれる人達は、どうしてあんなに変なのだろう?

神懸っていると言うか、人外生物と言うか。天才に恋してしまったら、男も女も悲劇だなぁ……と思う。

自分の力で相手を変えることは出来ないどころか、どこまでいっても天才にとっての1番は「熱中している何某か」のことなのだから。

ヒロインはひたむきに刺繍男に恋しているのに、刺繍男はヒロインのことを、これっぽっちも想っていないところが面白かった。

ヲタク的と言うか、とにかく濃度の濃い作品で、最近の若い女性作家さんにはちょっとめずらしい感じ。

栗田有起とか若合春侑に似ていなくもないけれど。ほんのり毒のある感じが良かったと思う。

『愛 弾丸ツアー』は、ちっとも面白く無かった。「OLさんが喜びそうだねぇ」というようなタイプの話で、可もなく不可もなく。なまじっか『恋蜘蛛』が良かっただけに「いっそ、無い方が良かったかも」と思ってしまったほどだ。

はじめて挑戦する作家さんだったのだけど、あと何冊か読んでみたいと思った。

50音別作家一覧はこちら

作家名・作品名等で検索出来ます
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました