Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

平壌の水槽 北朝鮮地獄の強制収容所 姜哲煥 ポプラ社

『平壌の水槽 北朝鮮地獄の強制収容所』は北朝鮮からの脱北者が書いた「北朝鮮強制収容所」のドキュメントだ。

あまりにも凄い内容だったので、とても感想がまとまらない。

ひとことで書くなら「酷い……酷すぎる」という言葉に尽きる。

ナチスの強制収容所の話も「酷い」と思って読んだけれど、北朝鮮では、それがまだ現在進行形で存在するのだから驚きだ。

スポンサーリンク

平壌の水槽 北朝鮮地獄の強制収容所

気がつくと奴隷になっていた…。

凄惨、苛烈な北朝鮮「耀徳(ヨドク)政治犯収容所」に10代の10年間閉じこめられ、奇跡的に脱出した著者による慟哭のレポート。

アマゾンより引用

感想

あまりにも感想がまとまらなかったものだから「もしも自分が、北朝鮮から脱北してきた人と話をする機会があったら、どんなことを話すだろうか?」と考えてみた。

だけど、きっと駄目だ。

きっとそういう場面に行き合わせたとしても「それは、それは辛い体験をされたのですね」くらいのことしか言えないような気がする。

あまりにも辛い体験をした人に、かける言葉は思いつかない。

あえて、何か伝えたいことがあるとするなら「わずかでも力になれることはありますか?」と聞くことぐらいだろうか。

人間を奴隷のように扱うなんて、とんでもない話だ。私は絶対許せない。こういことは理屈じゃないのだ「あかんもんは、あかん」のだ。

北朝鮮という国については、テレビやなんかで観て、なんとなく知ってはいたものの、こんなに酷いことが行われているとは知らなかった。

とりあえず、私は出来る限り、この本を宣伝していきたいと思う。昨日は、さっそくペンフレンドに感想のようなものを書き送ってしまった。

「知らない」というのは、時として罪悪だと思う。

世の中には「知らなくちゃいけないのに知らないこと」がけっこう多いのだろうなぁ。この本を読んで、自分の無知を恥ずかしく思った。

50音別作家一覧はこちら

作家名・作品名等で検索出来ます
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました