Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

"朱川湊"

アンドロメダの猫 朱川湊人 双葉社

久しぶりの朱川湊人作品。 私はなんだかんだ言って朱川湊人が好きなのだけど、今までの路線と違っていて面食らってしまった。 今回はネタバレ込みの感想なので、ネタバレNGの方はご遠慮ください。 アンドロメダの猫 派遣社員の瑠璃...

わたしの宝石 朱川湊 文藝春秋

中年はこの本を読んではいけないと思う。何故ならこの本は本気で中年を殺しにかかっているからだ。 久しぶりの朱川湊。朱川湊ワールドを思い切り楽しませて戴いた。 中年が主人公の短編集で中年でなくても楽しめると思うけれど、中年はより楽し...

今日からは、愛のひと 朱川湊 光文社

私はなんだかんだ言って朱川湊の作風が気に入っている。 「人間っていいな」と思えるような作品が多くて、人の善意とか愛とかを信じさせてくれる夢見がちな作品が多い。 いささかヲタクっぽいと言うか、ラノベ的展開が多いの事は分かっていても...

満月ケチャップライス 朱川湊 講談社

私は朱川湊が描く「人の温もりを感じさせてくれる物語」が大好きだ。 正直なところ、全ての作品が最高に面白いって訳ではないのだけれど、読後に「でも良かったよね」と思える部分があるあたりが魅力だと思っている。 しかし、この『満月ケチャ...

鏡の偽乙女 薄紅雪華紋様 朱川湊 小学館

いかにも朱川湊人って感じの作品だった。 私が朱川湊の作品を読むのはこれで6冊目(読書録には5冊しか書いていない)なのだけど、流石にパターンが分かってきた。 朱川湊の作品は幽霊と人情と雰囲気で構成されている。話自体も悪くはないのだ...

太陽の村 朱川湊 小学館

冴えないニートのヲタクがタイムスリップして江戸時代に行く……と言う物語。 実にパッっとしない作品だった。 ライトノベルとも、大人向けのエンターテイメントとも分別し難く「いったい、どう言う層に需要があるんだろう?」と首を傾げてしま...

かたみ歌 朱川湊 新潮社

『幽霊譚』と言いたくなるような、ちょっと不思議な話を集めた連作短編集。 時代は古き良き昭和。物語の舞台は「アカシア商店街」と言う、これまた昭和ちっくな設定。 昭和と言っても私自身の子供の頃よりも、もう少し古い時代の話なのに、どこ...

わくらば追慕抄 朱川湊 角川書店

前回読んだ『わくらば日記』の続編。 前作の雰囲気そのままで、前作が気に入った人なら楽しめるであろう作品だった。 推理…と言うかミステリ要素は前作よりも薄くなっているのでミステリーファンには物足りないかも。 私は前作のロマン...

わくらば日記 朱川湊 角川書店

昭和30年頃を舞台にした短編連作集。不思議な力を持つ美しい姉と、その妹が遭遇する事件簿。 私にとっては苦手なミステリーというジャンルの読み物だったけれど、推理要素が低くて、ミステリーが苦手でもするすると読むことが出来た。 ちょっ...

50音別作家一覧

当サイトで感想文を掲載している50音別の作家一覧を作りました。 作家名・作品名等で検索する事も出来ます 作家名で50音別に並べています。 それぞれの音の中での並びは順不同です。 外国人作家は最後に記載してます...

ミツハの一族 乾ルカ 東京創元社

乾ルカは初挑戦の作家さん。ずっと前から名前だけは知っていたものの「どうせスイーツな作風なんでしょ?」と毛嫌いして読んでいなかった。 ミステリー系の作品が苦手だからってことも理由の1つ。 この作品はミステリーともホラーとも幻想小説...
本の話

2013年の読書総括

今年1年間に読書録に感想を書いた本は50冊。昨年より沢山の本を読む事が出来たのだけど読書の質は昨年以下かも知れない。改めて題名を見返しても「これって、どんな話だったっけか?」と頭を抱える作品がいくつかあったりする。以下は今年読んだ本の題名。...
タイトルとURLをコピーしました