Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

孤独か、それに等しいもの 大崎善生 角川書店

「私、けっこう好きかも知れない」なんて事を読むたびに思う。

大崎善生の書く作品(特に恋愛小説)は、読んだ瞬間から忘れてしまうほどインパクトが薄いのだけど、なんと言ったら良いのだろう。流れる何かが自分自身のベースと似ている気がするのだ。

一見すると恋愛小説でもあるし、夫婦愛を謳っているようでもあるのだけれど、そうとも言い切れない気がする。

毎度読むたびに思うのは「とりあえず、人はどうにかして生きなきゃいけないんだなぁ…」ってこと。だけど生きるってのは、大変なことがあったりするし、作者の描く人々は「生き下手」な人ばかりで、たぶん「生き辛さ」を感じているのだと思う。

スポンサーリンク

孤独か、それに等しいもの

created by Rinker
角川書店
¥514(2019/09/17 13:42:53時点 Amazon調べ-詳細)

今日一日をかけて、私は何を失ってゆくのだろう―。高校三年の初秋、ピアスの穴を開けようとする私に、恋人がささやいた一言―大切なものを失くしてしまうよ。あれから九年を経て、私は決まりきった退屈きわまりない毎日を過ごしていた…(「八月の傾斜」)。

憂鬱にとらえられ、かじかんでしまった女性の心を映しだし、灰色の日常に柔らかな光をそそぎこむ奇跡の小説全五篇。

明日への小さな一歩を後押しする珠玉の作品集。

アマゾンより引用

感想

そこで生じてくるのが「よりどころをどこに求めるのか」という問題と「どういう風にして自分自身を納得させるのか」という問題。

その辺の描き方が絶妙に上手い。

結論から言うと、解決にもなっていないし「たぶん、それで一生を乗り切るのは無理だよ」と思わせるものはあるのだけれど「とりあえず生きなきゃ」と地味に頑張る人々の姿は崇高でさえある。

この短編集も、話の筋書き自体は数年後に忘れちゃってる気がするのだけど「とりあえず生きる」と言うような消極的な力強さが生きていて、秀作と言っても良いと思う。

大崎善生は私にって熱愛するほどの作家さんとは言い難いけれど、たぶん、ずっと追いかけて行くのだろうなぁ……と思った。

大崎善生の他の作品の感想も読んでみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました