読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

アスリートの食事。

娘は体育会系女子として育っているが、私は生まれてこの方ずっとヲタクとして生きてきたので体育会系の人達なら当たり前に知っている常識を知らないし、風習や習慣を全く知らない。

しかしヲタクと言う生き物は「何かにハマったらとりあえず調べる」と言う習慣が身についているので、私もアスリートの母として出来る事を調べてみた。

娘はアクロバットではエンジョイ勢とは言うものの、どうやらアクロバットはスイミングのように「教室に任せておけば万事OK」と言うものではないらしい。

とりあえず自宅で練習出来るように折りたたみのマットを購入して、毎日娘のトレーニングに付き合っているのだけれど、ふと「もしかしたら食生活も見直した方が良いのではなかろうか?」と言う事に気がついた。

自慢するのなんだけど、私は食事関してだけは頑張っている方だと思う。

夫は小太りではあるけれど、それでも独身時代からすると驚きのレベルで痩せている。娘は私に似て身長が低め(それでも私のようにクラスで1番低いってレベルではない)ではあるものの、太ってもおらず痩せてもおらず…と言う体型。

夫も私も健康診断では問題ないので、おおむね健康的な食生活が出来ていると思われる。

だがしかし。

「アスリートの食事」と言うキーワードで検索してみると、我が家はタンパク質が不足している気がする。

大人2人は足りていると思うのだけど、運動をする子どもには少し物足りない感じ。「これはイカンな…」と言うことで娘の食生活を見直すことにした。

野菜と果物は問題ない。牛乳もよく飲んでいる。豆腐や豆類も大丈夫。問題は動物性蛋白だ。

しかも良質で低カロリーな物。アレだ…アスリートの食事を紹介するコーナーで多用されている「鶏むね肉」と「鶏ささみ」だ。

今後、野菜の和え物やサラダ等に、鶏むね肉や鶏ささみを混ぜ込んでいく事に決めた。大人はともかくとして娘だけでも取り入れようかと。

今まで「野菜に追加するタンパク質」と言うと、簡単で安いカニカマとか魚肉ソーセージ、ハムなどを利用していたのだけど、これらを鶏むね肉や鶏ささみに置き換えていくことにした。

カニカマやソーセージといった加工品は添加物も多く「良質なタンパク質」と言う意味では鶏ささみ、鶏むね肉には及ばない。

ちょっと手間が掛かるけれど、ここは手抜きせずにやっていこと思う。

アクロバット云々…は抜きにしても、成長期の子どもに良心的なタンパク質…ってのは基本中の基本。体育会系の娘は中学以降も何らかの運動系のクラブに入るだろうし、身体を作っておくに越した事はない。

料理は嫌いじゃないので、こう言う事を考えるの楽しいと言えば楽しいのだけど、ちゃんとした食事を作ろうとすればするほど食費が上がっていくのが辛いところだ。

それでも我が家は夫も娘も大食いって訳ではないのだし、文句を言えた筋合いではない。たくさん食べる夫や男の子の子どもがいるご家庭の主婦は大変なのだろうなぁ。

娘が頑張ると言うのなら私も頑張ってやらねば。出来る範囲でサポートしようと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
体操
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました