Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

浜寺公園で過ごす休日。

土曜日は家族で浜寺公園へ行ってきた。

先週末、夫は休み無しで仕事だったので、夫には「娘と2人で行ってくるから家でノンビリしたら?」と言ったのだけど「気晴らしに出掛けた方が良いかな」と言うので、朝から張り切ってお弁当を作った。浜寺公園へは娘が赤ちゃん時代に義母と一緒に行ったっきり。素敵な公園ではあるのだけれど、我が家からは少し遠いのでなんとなく敬遠して行っていなかった。

浜寺公園はちょうどバラ園が見頃とのことだったので、まずはバラ園へ。バラはもう散りはじめ…といった感じだっだけれど、滑り込みで鑑賞する事が出来た。中之島公園や靭公園のバラ園と較べると、軽く野暮ったい感じがするけれど、中之島公園や靭公園よりもワイルドで規模が大きいのが魅力だと思う。青空とバラの組み合わせは実に素晴らしかった。

浜寺公園は子どものための児童公園が数か所設置させていて「ここ、遊び飽きたらから次」と言う感じで場所を移動しながら歩いて周る事が出来る。海に近いので風がなんとなく塩辛くて、松林の緑が美しく、街中の緑地公園とは少し趣が違う感じ。初めての訪問ではないけれど、何もかもが新鮮だった。

松の木陰にシートを敷いてお弁当を食べ、午後からはゴーカート場へ。ゴーカート場(身長120センチ以下のお子さんは保護者の同伴が必要)はけっこうしっかりしたコースがあって1人300円。最初は娘が11人でコースを走ったのだけど、娘の後で夫も大人げなく1人でコーカートのコースを走っていた。ゴーカートコースを走る夫は完全に小学生男子の顔をしていて輝いていた。

浜寺公園にはゴーカート場だけでなく公園を汽車が入っていたり、汽車や路面電車の展示があったりするので、乗り物好きのお子さんにオススメしたい。ゴーカート場の後も公園の遊具でたっぷり遊び、出店で売っていた昔懐かしい「アイスクリン」を食べたり、水飴を食べたりして帰宅した。

それにしても驚いたのは浜寺公園の空いている度だ。汽車が走っていて、ゴーカート場があって、立派な遊具のある児童公園が何箇所もあって、テニスコートだの野球場だのがあるに驚くほど好いている。バラ園なんて無料なのに、混み合っている風でもなく、のんびりバリを楽しむ事が出来た。空いていて気持ちが良かったけれど「こんなに素敵な公園なのに人が来ないなんてもったいないなぁ」と言う気持ちになってしまった。とか言いつつ、私達家族も数年ぶりに訪れたのだけど。

暑くもなく、寒くもなく。外でお弁当を食べたり遊んだりするには最適の季節。青空の下、外でお弁当を食べたり、花を見たりするだけ朗らかな気持ちになるものだなぁ…と感心した。近場の公園やアウトドア系の遊び場は少し飽きてきている感があるので、これから浜寺公園はローテーションに入れたいな…と思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました