読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

大阪城公園へ梅を見に。

この週末の土曜日は家族で大阪城公園の梅園へ梅見に行ってきた。

梅・桜・紅葉は出来るだけ家族で見に行きたいな…と思っている。梅見は桜ほどレジャーっぽくないけれど「花を愛でる」と言う意味で言うなら、桜よりもゆっくり楽しめる気がする。

桜ってお弁当とか宴会のイメージが強くて「花より団子」になりかねないのだけど、梅の場合は寒さもあってそうもいかない。

娘が赤ちゃんの頃は梅見も実母や義母も一緒に行ったものだけど、実母も義母も梅見に行くほどの元気がなくなってしまっている。仕方がない事ではあるけれど、ちょっと寂しい。

梅見に行った日は寒いながらも天気が良くて、寒さのピーク時を思えば日差しの暖かさが感じられた。

大阪城公園は年に数回出掛けているけれど、相変わらず外国人観光客で賑わっていた。梅林は満開の一歩手前…って感じ。それはそれで風情があって美しい、何よりも良い香りがしていて素晴らしかった。

梅園を堪能した後は天守閣の側にある豊国神社へお参り。

豊国神社にも梅の花が咲いていて、梅園ほど人がいない分、ゆっくりと楽しむ事が出来た。お参りの後、社務所で御朱印を戴いた。

御朱印帳のおかげで、外出の楽しさがグッっと増したような気がする。

梅見、お花見、紅葉狩りと言った季節の行事って、良いものだな…と思う。行かなくたって、どうってものでもないけれど、決まった行事をこなしていると、ふと昔の事を思い出したりする。

「そう言えば○○公園に梅を見に行った時は、まだ抱っこひも使ったたよ」とか「一昨年はおばあちゃんと一緒に行って、帰りに回転寿司食べたんだよね」とか。

あと数年もすれば娘は季節行事に参加しなくなるだろけれど、そうなったらそうなったで夫と2人の時間を楽しみたたいと思う。

帰宅して夜は前日に仕込んだ「おでん」を食べた。今シーズンラストおでん。

おでん大好きだけど、大根も美味しくなくなってくる頃だし、そろそろ食べ納めかな…と。またまだ寒い日もあるけれど、もうすぐ春がやって来る。

暖かくなったら、今度はお弁当を持って家族でお出掛けしたいな…と思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました