読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

朋あり遠方より来る。

先日、数年ぶりに会う友人とお茶を飲んできた。

ネットで知り合った10年来の友人が大阪に来るとのこと。独身の頃はちょくちょく会っていたけれど、結婚してからは娘が赤ちゃんの頃に1度遊びに来てもらったきり。ツイッターやメールでは連絡を取り合っていたけれど、数年ぶりの再会だった。

この夏。夫はまとまった夏季休暇が取れなくて、飛び石的に平日ちょくちょく休みを取っている。

友人が遊びに来る日は偶然にも夫が休暇を取っていたので、その日は娘を夫に託して丸1日自由にさせてもらった。

午前中は家事と夕食の準備。夕食は茄子のラザニア。娘も夫もラザニアが大好物。オーブンに入れる手前まで作っておいて冷蔵庫へ。

その日の夕食は茄子のラザニアとサラダとバゲット。用事を片付けた後はお店のチェックと地図の確認。友人は最近、紅茶が好きだと言うので大阪市内で気に入っている紅茶の美味しい店をピックアップしておいた。

JR大阪駅で待ち合わせ。「数年ぶりだから分かるかな?」と心配していたけれど、なんだかちっとも変わっていなくて拍子抜け。久しぶりと言っても20年ぶりとかでなければ、人って案外変わらないのかも。

友人が泊まるホテルに荷物を置いて「まんだらけ」へ。

まんだらけでは「キャンディキャンディの漫画読みたいねぇ。あ…全巻売ってるんだ! でも高いねぇ」なんて話をしながらウィンドウショッピング。

結局、何も買わずに店を出て、ロンドンティールームの本店を目指した。しかし、あまりの暑さに挫折して、阪急メンズ館の中にあるロンドンティールームへ。

後で知ったのだけどその日の大阪は38度越えの猛暑。挫折するのも無理はない。

結局、その後はロンドンティールームでずっとお喋り。直接会うのは数年ぶりだけど、ちょくちょく連絡を取り合っているせいか、年数の隔たりは感じなくて「あのさ~。この間の話なんだけどさぁ~」くらいの感じで話が出来たのは嬉しかった。

仕事の事とか、趣味の事とか。ずっと喋り通しだったけれど話のネタは尽きなくて、むしろ喋り足りないくらいだった。

本当に楽しい時間だった。家族で過ごすのも好きだけど、家族で過ごす楽しさと、友人と過ごす楽しさは全く別物。

そう、しょっちゅうは会えないけれど、会いたいと思える友人がいるって幸せな事だ。また、遠くない日に会いたいな…と思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました