Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

予備のボタン。

ブラウスのボタンが知らないうちに取れて無くなっていた。

付け替えようと思ったのだけど、ボタンが無くなったブラウスには予備のボタンが最初からついていなかった。「安物だし予備のボタンが付いてなくても仕方がないよね」と思いつつ、予備のボタンだの、かけはぎ用の端布などを貯めている箱から、似たようなボタンが無いかと探してみた。「これなりアリかな」と言うボタンを1個出してきて、1つだけ違うボタンはブラウスの1番下に付けて、1番下のボタンを無くなったところに取り付けた。

安い服は安いなりでしかなくて、それは承知の上で買っているのだけど、予備のボタンを探していて驚いたのは20年ほど前に購入した安いブラウスには予備のボタンも端布も付いていた…ってことだ。当時はまだお給料も安かったし、実家に色々貢いでいたので働いていたけれど、服は安いものばかり着ていた。それこそ安月給のOL御用達…と言うような店で買っていたので、決して良い品物ではない。そんな安物の洋服でも当時はまだ予備のボタンが当たり前のように付いていたらしい。

私にとって自分が20代の頃なんて「ついこの間」のように感じているけれど、よくよく考えてみれば20年前。若い世代の人からすると昔話でしかない。なので「昔は安物の服でも予備のボタンが付いていたんだよ」って話だ。もちろん、今でもちゃんとしたお店で売っている、ちゃんとした服には予備のボタンも端布も付いている事は知っている。「長く着たいなら、いいもの買いなよ!」と突っ込まれるとぐうの音も出ない。

ユニクロとかしまむらは「ダサい」「品物が悪い」と言われるけれど、我が家にとってはありがたいお店だ。品質が良くて自分自身が気に入った物だけを着て暮らしていけたら最高だけど、それはそれ。これはこれ。自分の中で折り合いをつけてやっていくしかないな…と思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました