Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

香りのお洒落。

娘が少女漫画雑誌『ちゃお』のプレゼントコーナーを眺めながら1人で盛り上がっているので、何事かと思って覗いてみたら、キッズ香水を見てテンションが上がっていたらしい。なんだかものすごく楽しそうなので、私のお気に入りの香水を娘の手首につけてやったところ「いい匂い~」とご満足だった。

私が気入っているのは武蔵野ワークスと言う日本の香水メーカーが出している『木蓮』と言う名前の香水。自分のハンドルネーム(白い木蓮を縮めて白蓮にしているけれど)と似た名前…って事でなんとなく買ってみたのが最初なのだけど、これがビックリするレベルで好みと合致していたので、ずっと使い続けている。そうそう減るものでもないのだけれど使い切ったら新しいのを買う…と言う感じで、今の香水は何本か目のものだ。

外に出て働いている頃。香水にハマった時期があった。私は見た目も中身も地味な人間なので華やかで女っ気ムンムンな感じの香りは似合わないのだけど、地味な人間には地味なりに似合う香りがあるもので、いくつか好きな香りがある。結婚してからもしばらくは使っていたのだけれど、いつしか使わなくなっていて、よくよく考えてみたら最後に香水を付けたのは数年前になるかも知れない。要するにほとんど忘れちゃってるレベルで使っていなかった。

今までずっと「歳を重ねてもお洒落を忘れない女性でいたい」と思っていたけれど、どうやら相当忘れてしまっていたらしい。

香水もお洒落の一貫として考えられるものだけど、私にとっての香水は他人に向けたものではなくて、自分が幸せな気分になるもの…と言う位置づけだった。「今日はこの服だからこっちの香水をつけよう」とか「ここへ行くからこの香水にしよう」とか。もちろん時と場合によって香水がタブーのときもある訳で、毎日つけていた訳ではなかったけれど、それでも服装や出掛ける場所に合わせて色々な香りを楽しんでいたのだ。

それなのに、この体たらくである。

香水は自分でも知らないうちに過去のものになっていた。「歳を重ねてもお洒落を忘れない女性」どころか「人として恥ずかしくなく外出する事が出来ればOK」とか「夫や子どもに恥をかかせない程度ならOK」と言うスタンスである。外に出掛ける必要がなければ365日ジャージで平気と言っても過言ではない。

駄目過ぎですやん…私。

外に出て恥ずかしくない程度の体裁は整えているとは思うのだけど、本質的なところでお洒落を忘れている気がする。お洒落は決して「恥ずかしくないようにする」ものではない。とりあえず、たまには香水を付けてみたりしようと思う。アクセサリーにしても「この服にはコレな!」みたいに付けるのではなくて、手持ちの物を試行錯誤しようと思う。

なんだか頭をぶん殴られたような衝撃だった。この衝撃。今後の人生に生かしていきたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました