読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

新しい加湿器。

長年愛用している加湿器が壊れたので新しい加湿器を購入した。

結婚するまで加湿器なんて使ったことが無かったのだけど、暖房にエアコンを使うのと、夫と娘は喉鼻が弱いのとで我が家の場は加湿器が欠かせない。加湿器は今回ので3台目。今回、購入した加湿器はコレ。

加湿器と一言で言ってもピンキリで空気清浄機能が付いているお高いものから、オフィスの机に置ける程度の小さなもまで色々ある。加湿の方法も蒸気式もあれば、気化式もあり、今回購入したのはハイブリッド式のそこそこの加湿器。色々調べて、そこそこ評判が良さそうな物を選んでみたい。

実は他にも欲しい加湿器があったのだけど、お値段が高過ぎて断念。『マツコの知らない世界』で高評価を得た商品らしく、見た目的にも随分お洒落。

買えなくもない価格帯ではあるけれど、加湿器ってそんなに寿命が持たない気がするので、数年後にまたこの値段は出せないな……と諦めることに。購入を断念した加湿器はコレ。

created by Rinker
cado(カドー)
¥21,295(2020/09/24 04:25:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

加湿器を使うようになって丸9年。昨今は電化製品の進化が進んでいると言われているけれど、加湿器ってそれほど進化していない気がする。手入れの面倒さしかり。耐久年数しかり。

今回購入した加湿器だって、先代のよりはコンパクトになっているものの、基本的には変わらないし、メーカーこそ違っているけれど、メンテナンスの方法もほとんど同じだ。

加湿器のメンテナンスってうんざりするほど面倒臭い。

タンクやフィルターを洗うだけ……とは言うものの、けっこうな頻度でのお手入れが必要だし、手間もかかれば時間もかかる。先代の加湿器のフィルターを洗うたびに「次に加湿器を買う時は、今よりも進化してメンテナンスが楽になっているのだろうなぁ」と思っていたのに、まったく変わらないなんて酷い話だ。

結局のところ電化製品は水に弱く、常に水とともにある加湿器は壊れやすいのだ。しかも水にカルシウムが含まれている限り、フィルターのクエン酸洗浄から逃れる事は出来ない……って事なのだ。

そう言えば今は使っていないけれど、電気ポットがある時も、しょっちゅうクエン酸洗浄していたっけか。今回購入した加湿器が何年持つかは分からないけれど、次に加湿器を購入する時はもう少しメンテナンスが楽な物が開発されている事を願う。

……とは言うものの、新しい加湿器に不満がある訳じゃない。

年がら年中耳鼻科のお世話になっている娘にとって加湿器は無くてはならない物。

加湿器で少しでも喉と鼻の健康を保てるのなら、フィルターくらい洗おうじゃないか。生きていくって面倒臭いことの連続なんだなぁ……とつくづく思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました