Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

カーテンの洗濯と加湿器。

今週は天気が良かったのでカーテンの洗濯をした。

我が家は定期的にカーテンを洗う習慣が無い。春か秋のなんとなく空気が乾いた日に「そう言えば最近、洗っていないな」と感じたら洗濯している。本当は「大掃除の時に洗濯する」とか「梅雨が明けたら洗濯する」とか、キチンとした指標を作っておけば良いのと思うのだけどの、実際のところどれくらいの頻度で洗濯するのがベストなのだろう?

カーテンなんて洗わなくても生きていける。けれど洗った方が気持ちが良いのも確かだ。

娘は鼻と喉が弱いので、最初に娘の部屋のカーテンを洗った。「カーテンを洗うのなら窓も拭かなきゃ…」って事で、ついでに窓も拭いた。翌日は居間と夫婦の寝室と2階の和室のカーテンを洗って窓拭きなど。おかげで家の中が明るくなった気がする。カーテンを洗うのって面倒臭くて、正直あまりしたくない家事なのだけど終わった後の達成感は嫌いじゃない。

そしてカーテンを洗濯した勢いで加湿器を出した。最近、娘の鼻の調子が悪くて耳鼻科に行ったら「今年は秋のスギ花粉が発生しているので、スギ花粉のアレルギーがある人は症状が出ているみたいですね」と言われた。娘は基本的に健康な子で滅多に熱も出さないけれど、鼻の弱いのだけが弱点。スギ花粉とハウスダスト、それに犬の毛のアレルギーがある。加湿器は風邪予防だけでなく花粉症にも良いと聞くので秋から春にかけては毎年お世話になっている。

炬燵布団も出したし、畳床暖房も試運転したし、加湿器も出した。冬物衣類もいつだって着られる状態。家の中が慌ただしく冬仕様に変わっていく。

毎年、同じ事の繰り返し。毎年「昨年はどうしてたっけ?」と疑問に思う事があるので、ここ何年かは生活の記録を残しているけれど「毎年、同じ事の繰り返し」とは言うものの、毎年微妙に様子が違っていて生活の記録は意外と役立っていない。その時々に合わせて良いようにやっていくしかないらしい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました