Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

イッツ・オンリー・トーク 絲山秋子 文藝春秋

絲山秋子って、最近、本屋でやけに平積みされてる作家さんだなぁ……と思っていたら芥川賞受賞とのこと。

名前だけ知っているのに未だ未読だったので、図書館で借りて読んでみたら、結構良かった。

この作品は文学界新人賞受賞とのことなので、まだフレッシュな時期に書かれたと思うのだけど、いかにもフレッシュです……って感じで良いと思った。

スポンサーリンク

イッツ・オンリー・トーク

引越しの朝、男に振られた。東京・蒲田―下町でも山の手でもない、なぜか肌にしっくりなじむ町。

元ヒモが居候、語り合うは鬱病のヤクザに痴漢のkさん。いろいろあるけど、逃げない、媚びない、イジケない、それが「私」、蒲田流。

おかしくて、じんわり心に沁みる傑作短篇集。

アマゾンより引用

感想

作中に流れる「だらだら感」が素晴らしい。

ヒロインはまるでフーテンの寅さんみたい。寅さんみたいに旅をする訳じゃないんだけど、どことなく「フーテン」って言葉が似合うのだ自分の生きたいように生きている人……って印象。

会話が多目で文章が平坦なのでサクサクと読めた。主人公以外の登場人物も、面白くて「キャラ小説」なノリ。最近は物語よりも「人物」で読ませる小説が多いように思う。

1冊しか読んでいないので、まだなんとも言い難いのだけど、他にも読んでみようかな…と思わせるものはあった。

ただ、この作品については「読んでる時は面白かったけど、いまいち何も残らなかった」という感じ。

読み流すには良いけれど、心にグサッっとくるものが無いと言うか。

こうやって読書録を書きながらでさえ「どんな話だったっけか?」とボロボロと記憶が欠落しているのを感じるほどだ。

芥川賞作家ってことで、本屋でも図書館でも手に入りやすそうなので、ぼちぼち読んでいきたいなぁ……と思った。

50音別作家一覧はこちら

作家名・作品名等で検索出来ます
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました