読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

宝塚友の会に入会したでござる。

記事内に広告が含まれています。

今さら感が凄いのだけど宝塚友の会に入会した。

関西在住の女性は宝塚フリーク…ってほどではなくても「女の嗜み」くらいのノリで宝塚をふんわり愛好する人が多く、私もその中の1人だ。

大阪に住んでいると、ちょいと周囲を見渡せば簡単に宝塚ガチ勢がいたり、宝塚友の会に入っていたり、三井住友VISAカードの貸し切り公演に行くような人がいるので、宝塚ファンじゃなくても生宝塚を観に行く機会に恵まれている。

私も「宝塚ガチ勢ってほどではないけど友達に本気勢がいる」ってことで若い頃から宝塚に慣れ親しんできた。宝塚に限らず音楽や舞台芸術が大好きなので宝塚もその中の1つ…という認識。

若い頃は『ベルサイユのばら』『エリザベート』『ミー・アンド・マイガール』などは宝塚大劇場まで足を運んでいたし、最近だと『ポーの一族』や『巡礼の年~リスト・フェレンツ、魂の彷徨~』1人で観に行ったりもしている。

宝塚のチケットって、公演によってはそこまで躍起にならなくても手に入れることが出来るのが魅力。昨年は家族3人分のチケットを手に入れることが出来たので家族で宝塚を観に行った。

だけど「そこまで躍起にならなくても手に入れることが出来る」のは公演によりけり。『ベルサイユのばら』となると話が変わってくる。

宝塚は今年110周年と言うことで『ベルサイユのばら』の公演がある。『ベルサイユのばら』は宝塚、少女漫画好きの人にとっては特別な作品。私も『ベルサイユのばら』は劇場で観たいと思っている。

……ってことで。『ベルサイユのばら』のチケットを取るためだけに宝塚友の会に入会した。

『ベルサイユのばら』って宝塚の十八番なのでいつでも観られるような錯覚があるれど前回の公演は2014年。イメージ的には「10年に1回まわってくる演目ってことだ。現在、私は51歳。このノリだと次の『ベルサイユのばら』の公演は私が61歳…ってことだ。

61歳の私…たぶん元気で働いていると思うけど、最悪の想定だと死んでるまである。そうじゃなくても親の介護等で劇場まで足を運ぶのが難しい…なんてこともありそう。

私、51歳。もしかしたら今年の『ベルサイユのばら』が人生最後チャンスか知れない!

……そう思ったら居ても立っても居られない気持ちになって、勢いでwebから宝塚友の会に入会した。『ベルサイユのばら』のチケットを取るためだけに宝塚友の会に入会しても、たぶんその権利を使うのは1回こっきり。正直、高い会費だと思う。さらに言うかなら友の会に入ったからと言って確実にチケットを手に入れられる保障はない。

……だけど後悔したくなかったのだ。何もかもが終わってから「あの時、宝塚友の会に入っていればチケット取れたかも知れないな…」と後悔する人生なんて考えただけどゾッする。

なんか私…50代に入ってからの方が人生を楽しめている気がする。

身体的には確実に老いが進んでいて自分の思うようには動けなくなっているし、体調を崩しがちなのもホントそれ。だけど生きることへの心構えで明らかに以前とは違ってきている。

10代の頃から今のような気持ちで生きられたら良かったんだろうけど、あの頃は若さゆえの傲慢さでもって、そんな気持ちにはなれなかったんだろうなぁ。「いつかできる」「いつでもできる」と思っていたから。

そんな訳で『ベルサイユのばら』のチケット戦争に参戦することにしたのだけれど、首尾よくチケットをゲット出来るかどうかはまた別の話。結果は後日!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク