読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

春野菜の収穫。市民ふれあい祭。

この週末は家族で5月を満喫した。

土曜日はFの家の収穫に招かれた。Fのお母さんは春・夏・冬と野菜の収穫に招いてくれる。娘も「もう1人のおばあちゃん」としてFのお母さんを慕っていて、Fの畑で野菜の収穫をするのを楽しみにしている。土曜日は家族揃ってお邪魔してきた。

Fの家は私にとって「実家よりも実家らしい家」と言っても過言ではない。厚かましい話だけれど私はFの家で用意してくれる手料理を毎回楽しみにしている。今回は手巻き寿司だった。私にとって実家も、義実家も手料理を出してくれる家ではないので(むしろこちらが気を使って何か持っていく)遊びに行ったお宅で手料理をご馳走になる」と言うシチュエーションは物凄く嬉しいのだ。

みなで手巻き寿司を食べたり、手土産に持参したケーキを食べたり、畑で野菜の収穫をしたりして楽しい時間を過ごした。Fの体調は「まぁまぁ」と言ったところ。人工透析を受けている身体なので「元気」とは言えないまでも、数年前のように入院しなければならないほどではないようだ。

野菜を沢山戴いて帰宅した後は家族総出で野菜の仕分け。

新玉ねぎは紐でくくって軒先に。夫と娘にマメをさやから出してもらったり、スナップえんどうの筋を取ってもらっている間に、私は他の野菜の始末。Fの畑の野菜以外にも筍とワラビ(共にアク抜き済)を戴いたので、筍ご飯だの、ワラビと筍の炊合わせだのを作った。

その日の夕食の贅沢な事と言ったら!茹でただけの山盛りスナップえんどうは甘くて、瑞々しくて美味しかったし、筍ご飯も炊合わせも最高だった。FとFのご家族に感謝。

そして日曜日は隣の市の「市民まつり」に行ってきた。広い公園で屋台だのバザーだのといった出店が沢山出ていて賑やかなイベントだった。素晴らしいお天気で汗ばむくらいの陽気。出店でフランクフルトなどを食べたり、娘は公園の遊具で思い切り遊んだり。大人になるとスーパーボールすくいだの、スマートボールだのと言った遊びをする訳ではないけれど、それでもお祭りのワクワク感は格別だ。

日曜日は母の日だったので、母の日の事も書きたいのだけれど、それを書くと大長編になってしまうので、それはまた気が向いたら書きたいと思う。週末を楽しく過ごせたことに感謝。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました