読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

血糖値と野菜のことばかり考えている。

記事内に広告が含まれています。

最近の私は毎日、血糖値と野菜のことばかり考えている。

娘が小学生で体操ガチ勢だった頃は筋肉とタンパク質の多い食べ物のことばかり考えていたけれど、夫が糖尿病と診断されてからは血糖値と野菜のことばかり考えている。

血糖値…と言うとなんとなく砂糖とか甘い物をイメージしがちだけど、実際はどんな食べ物を口にしても血液中の血糖値は上昇する。血糖値の上昇は食べ物に含まれる糖質の量とGI値が大きく関係していて、GI値の低い食品は血糖値の上昇がゆるやか…とされている。

なので最近の献立は「血糖値とGI値低めのもの」を意識していて、なおかつカロリーも控えめだと最高。とは言っても極端な減食は続かないし、食べる楽しみが無いのも困る。

そんな訳で活躍しているのが野菜のおかず。

  • 朝食は果物を減らして野菜を添える
  • 夕食が物足りない時は野菜を添える

……みたいな感じて野菜の作り置きをするようになった。ちなみに最近の夕食(夫)はこんな感じ。

ある日の夕食

ある日の夕食

メインの魚が小さめでボリュームが少ないので白菜と三度豆を添えている。副菜はオカラの煮物でご飯は玄米

野菜の作り置き

野菜の作り置き

作り置きは4種類程度。無くなり次第新しい作り置きを補充するスタイル。今はまだ初めて日が浅いのでこの方法がベストかどうかは分からないけれど、やっているうちにベストな形が分かってくると思う。

作り置きについては正直、そこまで時間をかけてしられないので電子レンジ調理を利用するよになった。今まで「電子レンジ調理ってなんか信用出来ないのよね」みたいな気持ちが強くて、野菜の下拵でも何か何までガスコンロを使っていたけど、手間と時間を省いていかないと作り置きなんてやっていけない。

そこで活用しているのが作り置き食堂ってサイト。

つくりおき食堂 - 家族に人気の簡単常備菜のレシピと1週間の時短節約お弁当・野菜おかずのブログ
家族に人気の簡単常備菜のレシピと1週間の時短節約お弁当・野菜おかずのブログ

ここのレシピを完璧に再現する訳じゃないけど、野菜の加熱時間などを参考にさせてもらっていてる。電子レンジ調理をしなければ、正直作り置き4種類は今の私にはキツイと思う。

夫が糖尿病になった…と聞いた時は「糖尿病に配慮した食事作りをするなんて面倒くさいなぁ」と思っていたけど、新しい生活スタイルに楽しんでいる自分がいる。言い方は悪いけれど新しいゲームに挑んでいる時の感覚に似ているかも知れない。

血糖値と野菜に向き合う生活はまだはじまったばかり。息切れしない程度に頑張っていきたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で