読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

私。そう遠くない日に赤い服を着ちゃうかも知れない。

地元スーパーの2階にある「ちょい高齢の主婦向けファッションコーナー」のマネキンが着ていた鮮やかな赤いセーターを見た瞬間「あれっ? もしかして私、コレ着たら似合うんじゃない?」って気持ちになった。

私。ネタとして面白Tシャツを着ることはあるものの、本来はベーシックな感じのスタイルが好き。職場はジャージ・ポロシャツ・保育士エプロン」みたいな感じで過ごしているものの、娘の懇談会だの友人とランチする…みたいな時は大人しめで女性っぽいスタイルを選びがち。

ネタ系Tシャツ&大人しめスタイル

ネタ系Tシャツ&大人しめスタイル

若い頃は色々な方向性の服を着ていたけれど自分の服の好みが固まってからは「仕事や家事をする時は動きやすい格好、そうじゃない時は大人しめで女性っぽいスタイル」みたいな感じで服を選んできた。

そして言っちゃあなんだけど、お洒落に対して積極的で冒険していた頃だって、原色系の赤や黄色の服なんて1度たりとも着たことがないし「着てみようかな」と思ったこともない。

だけど今回初めて「赤いセーターもありかな」と素直に思ってしまったのだ。

そう言えば…私より2歳年上のお隣さんは数年前から赤系の服をよく着るようになっている。

それまでお隣さんはナチュラル系のスタイルを好んでいたのに、ここ数年は鮮やかな服を着ている率が高い。彼女が言うには「最近、昔好きだった服が似合わなくなったのよね。でも鮮やかな色を着てみると、コレはコレで良いかな…って気持ちになってきた」とのこと。

数年前、お隣さんとファッションの話をした時は「なるほどなぁ」と他人事のように思っていたけど、今の私なら彼女の話が身に沁みて理解できる。

昔、好きだった服が似合わなくなってる!

そして自分でもビックリするけど今まで避けてきたような色合いの服が似合うようになっているのだ。日本には還暦のお祝いに赤いちゃんちゃんこを着る風習があるけれど、あれは理にかなった事なのかもな…って気がする。

年を取ってくすんだ色の服を着ていると、なんとなく汚らしいと言うかみすぼらしく見えてしまう傾向がある。そう言えばテレビ等で目にする素敵な高齢女性って鮮やかな服を着ている率が高い。

私。そう遠くない日に赤い服を着ちゃうかも知れない。

「歳取ると派手な色が好きになる」って話は聞いたことがあったけれど、もしかしたらあれは「派手な色が好きになった」のではなくて、くすんだ色だと小汚く見えるから派手な色を選びがちになった結果だったのかも知れない。

私…自分が何を着るべきなのか分からなくなってきている。好きな服を着続けるのも潔いと思ったりするけど、好きでも似合わない服を着るのは嫌だな…とも思う。すぐに答えが出るような問題ではないだろうから少しづつ試行錯誤していきたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました