読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

映画『ベル&セバスチャン 新たな旅立ち』感想。

『ベル&セバスチャン 新たな旅立ち』は『ベル&セバスチャン』の続編。

前作の『ベル&セバスチャン』も今回視聴したベル&セバスチャン 新たな旅立ちも』往年の名作アニメ『名犬ジョリィ』の原作となったセシル・オーブリーの『アルプスの村と少年』が原作。

映画の続編って大抵の場合「前作の方が良かったよね~」ってなる訳だけど『ベル&セバスチャン 新たな旅立ち』は前作に劣らない出来映えだった。

スポンサーリンク

ベル&セバスチャン 新たな旅立ち

ベル&セバスチャン 新たな旅だち
監督ニコラ・ヴァニエ
主演フェリックス・ボシュエ
チェッキー・カリョ
マルゴ・シャトリエ
音楽アルマン・アマール
公開
2015年 フランス

ざっくりとこんな内容

1945年夏。10歳になったセバスチャンは、終戦を迎え平和を取り戻したフレンチアルプスの麓の小さな村で、セザール爺さんと愛犬ベルと暮らしていた。

セザールの姪で、レジスタンスに参加していたアンジェリーナは戦功を得て2年ぶりに村に帰ってくることになった。

セバスチャンはアンジェリーナの帰りを楽しみしていたが、彼女を乗せた飛行機がアルプス山中に墜落したとのニュースが舞い込む。

数日におよぶ捜索の末、当局が生存者なしと断定したものの、アンジェリーナは必ず生きていると信じるセバスチャンとセザールは事故現場へ向かうことを決意する。

セバスチャンはアンジェリーナを救うため、村唯一のパイロットではぐれ者のピエールが操縦する小型機にベルと一緒に忍び込む。

父と子の物語

前作はセバスチャンとベルの出会いとアルプスを越えて脱出するユダヤ人を案内する……みたいな話だったけど、今回の『ベル&セバスチャン 新たな旅立ち』は父と子の物語だった。

主人公のセバスチャンはアルプスの山で死んだロマの女性が産んだ子でセザールともアンジェリーナとも血の繋がりはない。母親の墓はあるもののねセバスチャンは自分の父がどんな人間かは知らずに育っている。

そこへ父親の登場である。

突然登場する父親にセバスチャン少年は当然のように反感を抱く訳だけど、共に危険な旅をする中で父と子の距離が少しずつ縮まっていく。前作よりちょっとぴりお兄さんになったセバスチャン少年の演技が最高だった。

ベル可愛いよベル…

前作でも大活躍だったグレートピレニーズのベルは今回も大活躍。グレートピレニーズは救助犬としても知られている犬種だから、賢くて強くて最&高。

しかも前作と違って人間の中で暮らしてきただけに人間とのコミュニケーションが取れているのが良い感じ。

それにして撮影スタッフ達はよくもあの可愛らしい仕草を撮影出来たなぁ…と感心してしまった。人間と違って動物の最高の動きを撮るのはそう簡単にはいかなかったのではないかな…と。

年上のお姉さんとの交流

アンジェリーナの乗った飛行機はフランスとイタリアの国境に墜落したので、イタリア側からも捜索隊が出ていた。しかも飛行機の墜落によって山火事が発生。沢山の人達が捜索と山火事の鎮火に携わることになる。

そんな中で知り合ったのがイタリア人の木こりの娘ガブリエル。このガブリエル、男の格好をして登場するのだけど、帽子の中に長い髪を隠していた。「木こりとして生きていくのに女だと面倒があるから」と言うのが男装していた理由。

ガブリエルを演じたのはティラーヌ・ブロンドー。「ナニこの子…ヤバいくらいに可愛いんですけど…」と思って観ていたけれどモデルとして活躍していて2007年には「世界で最も美しい少女」と称されていたらしい。なるほど可愛くて当たり前。

ハッキリとした恋愛…とまではいかない「年上のお姉さんと少年の心の交流」も甘酸っぱい感があってとても良かった。

一般的に女性の方が精神的に早く大人になるので、ガブリエルはかなり大人っぽいところがあるのだれけれど、子どもっぽいセバスチャンがたまに大人の片鱗を見せてくれたりして、良いコンビだったと思う。

前作の『ベル&セバスチャン』も今回の『ベル&セバスチャン 新たな旅立ち』も子ども向け映画、ファミリー向け映画としては最高の仕上がりだと思う。

ちなみに大人気でさらに続編が作られているそうなので機会があれば視聴したいと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
映画
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました