読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

不幸事って重なる時には重なるもので。

7月に転職が決まって、私個人としては浮かれ気分なのだけど、身内関連の厄介事が重なっていてストレスがヤバイ。

  • 6月に実母手術(それまでに4回病院付き添い確定)
  • 義母の足腰の調子がかなりヤバイ&認知症もヤバイ。
  • 義兄、大腸癌発見。←NEW!

1番衝撃的なのは義兄の癌。実際に手術してみるまで詳しいことは分からないのだけど、腸閉塞で救急搬送されたたところ腸閉塞の原因は癌だった…って事が分かって、手術することになった。

義兄から「手術のことは母には伏せて欲しい。落ち着いたら自分の口から説明する」と言われていて、義母には内緒にしているのだけど「内緒にする」ってところが、まず大変。

「義兄は過労で倒れているから、しばらくそっとしておいてね」ってことで義母を説得するのにもすったもんだ。

この半年くらい義母は認知症っぽい症状が出ていて、色々と普通じゃない。

そんな中で「家の修理をしたい」と言っていて、70万円の見積もりで工事を発注しようとしていることも発覚して、そちらの対応にも追われた。

義兄の様子も心配だけど、とにかく「義母を抑え込む」ことに疲弊している。

義姉(義兄の妻)は…と言うと、精神的にやられていて義母と話をするどころではない状態。夫と義兄の父親は胃癌で早逝している…ってこともあって、心中お察しする。

義兄については治療を最優先して戴いて、義母関連についてはこちらに任せて戴くことにした。

色々あるけど、まぁ…どうにかなると思う。転職のタイミングと重なっちゃったのも辛いところだけど、新しい職場は7月1日スタートなので、それまでに少し落ち着いていると良いなぁ。

不幸事は重なる時には重なる…って言うけれど、ホントそれ。

私自身も家族も元気に過ごしているのが不幸中の幸い。

ここ数年は身内関連で言うなら比較的穏やかに過ごせていたので、こういう時期が来てしまうのも仕方がない。

あまりキリキリしないで、適当に気を抜きつつ乗り切っていきたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました