読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

義母の調子がかなりアカンくなっている件。

80歳の義母は現在、1人暮らしをしている。義兄一家とうちとで定期的に訪問して、義母のできない用事をしつつ、ヘルパーさんにも入ってもらって、どうにかこうにか1人暮らしを維持しているけれど、そろそろ難しくなってきた気がする。

これまでも義母は何度か入院していて、膝だの腰だのの治療を受けているけれど、8年前に手術した膝の具合が一気に悪くなってしまった。

先月までは元気でいたのに、先日の訪問では自宅で杖を付かないと歩けない状態になっていた。それなのに義母は頑なに「家では杖を付かない」と言って、デッキブラシを杖代わりにして自宅内を移動している。

「食器を持って歩くことが出来ないからワゴンを買ってきて欲しい」と言うので、慌ててワゴンを用意したけれど、ワゴンはあくまでも食器や料理を運ぶための物。介護用品ではないので、事故等が心配なのだけど、とりあえず義母の言う通りにして帰宅した。

そして問題なのは膝だけではなくて、もしかしたら認知症なのかも…ってところ。

近所の方には本当に申し訳ないことなのだけど、どうやら義母は近所の人達に喧嘩を吹っかけているみたい。「音がうるさい」とか「向かいの子ども達が嫌がらせをするから怒鳴ってやった」とかそう言うの。

言っちゃあなんだけど夫の実家は閑静な住宅街。どの家の敷地も広々としていて前面道路もかなり広い。隣の家の物音なんて聞いたこともないけれど、義母的にはそうじゃないみたい。

……もしかして、これって認知症の初期症状では?

実はここ半年でなんだか義母の様子が変なのは気づいてたし「騒音が…」みたいな話をチラホラしていて気になってはいたけれど、先日の訪問では夫も私も「これはアカン」と確信した。

どうやら義母は近所の人を敵として認識しているっぽい。

膝の件については月末に義兄が病院に連れて行く手はずになっている。診察してもらわないことには分からないけれど、義兄の働いている病院で手術とリハビリをお願いすることになるかな…って算段。

とりあえず義母の認知症疑惑については義兄に報告して「今の状態だったら入院して相当周囲にご迷惑をかけると思います」と伝えた。

夫も義兄も「膝が治って退院してきても家に返すのは無理なのでは?」と思っているけれど、まずは認知症の検査等をしてみない事には話が先に進まない。

義兄としては膝の手術と入院にかこつけて、ついでに認知症の検査もさせて介護度を上げたいと思っているようだけど、どうなる事やら。

ネットで調べてみた限りでは高齢者が認知症で攻撃性を持ってしまうのはよくあるケースとの事だけど、認知症を伴わないけれど幻聴等が起きて攻撃性が高まる場合もあるみたい。どちらにしても診断してもらわないこ事には動きようがない。

義母の変化は誰もが通る道で特別な事ではない。だけど今まで「自分ごと」として考えていなかったので憂鬱ではある。認知症も色々あるけれど攻撃性があるタイプはけっこう厄介だからなぁ。ましてや義母は足腰は悪いけれど、基本的に元気なのでパワーがある分余計に。

なんか今月は色々あって、早速転職活動をはじめようかと思っていたけれど、少なくとも義母の診察が終わって方向性が固まるまで転職活動は一旦停止しようかと思っている。履歴書も職務経歴書も用意してリクルートスーツも買ったので、今すぐにでも動きたいけど、フリーで動ける人がいないと何かあった時に対処出来ない。今の職場は色々あるけど「融通がきく」と言う意味では最高なので、ここは我慢の時かな…と。

思い悩んでみたところで、どうにもならないし成り行きに任せていこうと思う。どうにかなる…と思う。…知らんけど。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました