Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

46歳初夏。『命の母ホワイト』に手を出した。

私、46歳。6月に誕生日が来たら47歳になる。更年期真っ只中のお年頃だ。

同世代の友人と顔を合わせると必ずと言って良いほど「最近、なんだかシンドイのよね。更年期かしら?」みたいな話になってしまう。

ちょっと年上の先輩話を聞くと「女性は50代前後がとかくシンドイ。人によるけど、どうしようもない」みたいな事を言う人が多い。

……とは言うものの。私はどちらかと言うと更年期の軽い部類に入る気がする。

「なんかしんどい」とは言うもの…

  • イライラが止まらない
  • しんどくて起き上がれない
  • ホットフラッシュ(のぼせ)が辛い
  • 頭痛が酷い
  • めまいが酷い
  • お腹が酷い(吐き気が酷い)

……なんて症状は出ていない。

ただ「ああ…たぶん、これ更年期」みたいな症状は感じているし、身体が変化している実感はある。

先日、仲良くしているお隣さんと話していたら「更年期の友達と話をすると、必ず命の母の話題が出るのよね~」って話で盛り上がった。

命の母と命の母ホワイトは更年期真っ只中の女性なら、1度くらいは「試してみようかしら?」と思った事があると思う。もちろん私もその中の1人だ。

一般的には…

  • ガッツリ更年期→命の母が効く
  • 生理前後の不調→命の母ホワイトが効く

…と言われているけれど、お隣さんから「ガッツリ更年期世代の人でも、命の母ホワイトの方が効くって話をチラホラ聞くよ」と言われて、私もふと「命の母ホワイトを買ってみよう」と思ってしまった。

私の場合、ホットフラッシュはないしイライラもないので「もしかしたら、効くかも知れない!」と。

そして、命の母ホワイトを飲んでみた結果。

……まったく何も変わらなかった。

命の母ホワイトを飲んでも、飲まなくても、頭痛もあるしお腹も痛い。なんかダルくてたまならい…みたいな事だってある。命の母ホワイトはどうやら効いていない模様。

夫は「市販薬飲むくらいなら、婦人科行ったら?」と行ってくれるのだけど、これがなかなか難しい。

物凄く症状が酷いのなら、薬でもなんでも出してくれるだろうけど、更年期障害の治療に熱心な先生を見つけない限り「更年期ですからねぇ」くらいで、サラッと流されてしまうのだ。

もちろん私も耐え難いほど辛いのであれば、血まなこになって、更年期障害に強いお医者さんを探すだろうけど「そこまでするのもなぁ…」程度だし、そこまで頑張る情熱もない。

そして、毎回ウダウダしているうちに「今日は調子いいや!」みたいな事になってしまうのだ。

「生理が終わると女性じゃなくなる気がして嫌だ」と言う人もいるけれど、私はサッサと終わって欲しい。そして毎日憂いなく過ごしたい。

先輩方の言う「あと数年で抜ける。抜けたら楽になる」と言う言葉を信じて、その日が来るのを楽しみにしている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました