読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

運動会とオリンピック

緊急事態宣言を受けて運動会を中止する学校がある…とのニュースが流れてきた。

今にはじまったことではないけど、私は運動が大嫌いなヲタク隠キャなので、私が子ども時代に同じ状況になったとしても「運動会中止ってラッキーだなぁ」くらいにしか思っていなかったと思う。

さらに言うならスポーツは自分がするのも観るのも興味がなくて、オリンピックだろうが、ワールドカップだろうが本質的に興味がない。
オリンピックで胸を熱くしたのはバルセロナオリンピックの開会式で私の推し歌手であるホセ・カレーラスが歌ったくらいのものだ。

私の個人的な嗜好の方向性にいてはさておき。親目線で物事を考えると複雑な気持ちになってしまう。

Twitter界隈でも色々なTwittが流れてくる。

  • 子どもの運動会無観客になったんだけどプロみたいだな
  • オリンピックより子どもの運動会を観たい
  • 子の運動会を観られない状況でオリンピックを応援出来ない

……等。私も親として共感するところが多い。

実際、娘の中学校でも授業参観や宿泊学習が中止になっている。娘の中学校の運動会は秋なので開催は未定だし、3年生の修学旅行についてもまだ先なので決行の有無は未定だけど微妙な状況ではある。

娘はコロナと共に中学生になったので、私は個人懇談会とPTAの用事の時しか中学校へ言ってない。1年生の時も運動会をはじめ、行事は一切行われなかった。

娘は中学生だし、しかもどちらかと言うと親に愚痴ってストレス解消するタイプなので学校の様子はまあまあ理解できていると思う。だけど、小学生の親御さんは授業参観とか運動会に出向いて我が子の様子を見たいよなぁ。

子どもが学校でどんな風に過ごしているのか実際に見ないと分からないこと…ってあると思う。

あと可愛い盛りの幼稚園や保育園に通うお子さんがいる親御さんも我が子の様子は見たいと思う。運動会に音楽会、お遊戯会、親子遠足。どれもこれも子育て中の宝物のような行事だと思う。

オリンピックがOKなんだから運動会やってもいいんじゃない?

運動会の前夜に「運動会なんてなくなっちゃえばいいんだ」と泣きぬれた人間が言っても説得力の欠片もないけど、やっぱりちょっと納得がいかない。

私はコロナで割りを食っている子ども達に伝えたい。「自分勝手なジジイに好き勝手させたくなかったら選挙は行っとけ」と。今の日本は子ども達に厳し過ぎる。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました