読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

親友がコロナに感染した。

親友がコロナに感染した。

高校時代からの友人、Fが新型コロナウィルスに感染した。現在、入院治療中。

Fは私にとって1番の友人で、かつては一緒に同人誌を作っていた。お互い、ヲタク的な活動からは身を引いてしまったけれど、私にとってFは家族の次に大事な存在。

Fは腎臓に持病があって透析を受けている身なので「コロナに感染しないように」と外食にも行っていないし、遊びにも行っていない。コロナ以降、私もFと1度も会っていない。

「自粛して暮らしているFがどうしてコロナに感染するの?」って話なのだけど、Fは生活保護のケースワーカーとして働いているので日々不特定多数の人と会うし、色々な人の家を訪問したりもする。どうやら仕事経由で感染したらしい。

幸いFは持病があるため、すぐに入院することができた。完治するまで油断は出来ないけれど症状も軽いそうなので、生命の心配はしなくても良さそう。

新型コロナウィルスに感染した人の話を読んでいると「一旦、熱が下がって安心したけど、また悪化して…」みたいなものもあるので、まったく安心出来ないけれど、今のところ重症化してないのは不幸中の幸いだった。

Fが言うには「ピーク時は味覚と嗅覚が本当になくなった」とのこと。Fの場合ぱ少しずつ、味覚と嗅覚が戻ってきているそうだけど、1番酷い時はアロマオイルの匂いも分からなかったらしい。

噂には聞いていたけれど、ほんとにう味覚と嗅覚がやられるんだな……。

「心配しなくても大丈夫やで」とメッセージをくれたけれど、やっぱり心配でたまらない。「退院したで」のメッセージをもらうまでは信用できない。無事に回復してくれることを祈るばかり。

どんなに対策していても、感染する時は感染するよなぁ……

私も仕事柄、誰かが職場に持ち込んだらどうしようもないと思う。食事介助するし、抱っこもするし、オムツも交換もする。利用者さんはマスク付けられない子がほとんど。感染せずに乗り切りたいけど他人事じゃない。

Fが無事に退院できますように。今の願いはそれに尽きる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました