読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

関西将棋会館の思い出。

記事内に広告が含まれています。

関西将棋会館が福島から高槻に移転するとのこと。

私は将棋を差さないし、将棋と言ったら『聖の青春』と『3月のライオン』とか思いつかないくらい将棋に縁のない人間だけど、関西将棋会館にはちょっとした思い出がある。

私は今でもクラッシック系の音楽が好きだけど、20代の頃はそれこそドハマリしていて、福島にある音楽ホール『ザ・シンフォニーホール』に通いまくっていた。

当時は3階の最後列の席を1000円で販売するシステム(全公演ではないけど)があったので、案外気軽に生の音楽を聞きに行くことが出来たのだ。

大阪の福島と言うと、最近はお洒落な人気店の多い地域になっているけど、当時は食事の出来るお店が少なくて、駅前のミスタードーナツか中華料理くらいしかなくて、仕事帰りに猛ダッシュでコンサートに駆け込んで、腹ペコのまま帰宅することが多かった。

そうこうしているうちに、関西将棋会館の1階に『モビー・ディック』と言う、ワインとハンバーグのお店が出来た。試しに1度よってみたところ、リーズナブルなのにハンバーグは最高。そして店主は飲兵衛のワイン好きで私にとって最高のお店だった。

それほどお金に余裕があった訳じゃないので「通い詰める」とまではいかなかったけれど、懐に余裕がある時はコンサート帰りにモビー・ディックに寄ったし、友人と一緒の時は必ずモビー・ディックで食事をして帰った。

そうこうしているうちに、実家がゴタゴタしたり、仕事が忙しくてコンサートどころではなくなったりして、いつしか福島に行かなくなってしまい、モビー・ディックも関西将棋会館から撤退していた。

ワインが大好きな飲兵衛の店主は元気にしているのかなぁ…

当時、一緒にコンサート帰りにモビー・ディックに行った友人達は他県嫁いでしまったり、高齢になって外出が難しくなったり、なんとなく縁が切れてしまったり。気軽に連絡出来るのは、Fだけになってしまった。

……などと、感傷的なことを書いてみたけれど、関西将棋会館の移転話が出なければ、モビー・ディックのことを思い出すことはなかったかも知れない。人間の記憶なんてそんなものだ。

それはそれとして、コロナが落ち着いたら関西将棋会館が移転する前に拝んでおきたい気がする。モビー・ディックは無いけれど「将棋めし」を探訪してみるのも良いかも知れない。

思い出は心の隅にしまっておくんだぜ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で