読んだ本の『50音別作家一覧』はこちらから>>

実母、無事に退院する。

コロナ対策が叫ばれる中、よりもよってのタイミングで入院した実母が無事に退院してくれた。

今回は命に関わるような手術ではなく、手術自体も簡単なもので「早くて1週間。長くても2週間で退院出来ますよ」と言われていたのだけれど、実母の希望で最速のタイミングで退院だった。

我が親ながら実母はちょっと…と言うか、かなり変わった人で、入院すると毎回、退院を渋る傾向にある。

基本的に「かまってちゃん」な性格なので、看護師さんや家族から最大限にかまってもらえる「入院」と言うシチュエーションが気に入っているのだと思う。

なので、弟と「母の性格からすると2週間は覚悟しておいた方がいいね」と話していたので、最速で退院すると言ってきた時は心底驚いた。

たぶん、母に退院を促したのは病院のコロナ対応だったんじゃないかと思う。

昨今、どこの病院でも同じような対策が取られていると思うのだけど、入院中家族の面会は禁止されていた。病室には入れず、デイルームで担当の看護師さんに荷物を託して、それっきり。

今までは実母が入院すると、なんだかんだと私や弟が様子を見に行っていたけれど、今回の入院では本当に1度も会っていない。たぶん実母は誰にも会えない入院生活に嫌気が差して「早く退院しよう」と言う気持ちになったのだと思う。

実母…やれば出来る子だった!

前回の入院で退院を渋って、主治医から「もう治っているんですけどね…」苦笑いされたのが嘘みたいに思えるスピーディさである。午前中に抜糸して、お昼ごはんも食べずに退院するだなんて、思ってもみなかった。

……ともかく、順調に退院出来て良かった。

実のところ、実母が入院した病院でもコロナが出ているのだ。院内感染ではなく、職員さんがコロナで陽性だった…って話なので、過度に心配することはないと思うのだけど、どちらにしても集団でいるより家にいてくれた方が安心出来る。

とりあえず私も肩の荷降りたな…ってことで、この週末は家でゆっくり過ごしたいと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
白い木蓮の花の下で
タイトルとURLをコピーしました